千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
展覧会カタログ
展覧会カタログ一覧
オリジナルグッズ
美術館ニュース
ご注文方法
その他
出版物



生誕135年 石井林響展ー千葉に出づる風雲児

縦31×横20.5×厚2.4cm 重さ1050g
2018年11月23日
発行:美術出版社

 
頁 数
図 版 価 格
208p 142点 2,500円

諸言

6

 

 

石井林響 千葉に出づる風雲児 /松尾知子 

10
 


第一章 「天風」あらわる─橋本雅邦門下の俊才、画壇への登場

17

  コラム 修善寺の青春

43

 

 

第二章 画壇での活躍─南品川・「五松居」時代

53

  コラム 支えた人々 画会について

74

 

 

 第三章 「林響」誕生─新たなる画境へ

79
  コラム 雅邦塔が建つ   84
  コラム 天竜二俣へ 85

  コラム 総南行

89
  コラム 《林の中》 帝展推薦となる 106
  コラム 林響の愛したものたち

115

  コラム 石濤《黄山八勝画冊》を持つ(一)

124

  コラム 石濤《黄山八勝画冊》を持つ(二)

130

 

 

第四章 「野に帰る心地」─大網宮谷「白閑亭」へ

141

  コラム 画房・白閑亭 

144

   
終章 林響逝く

165

  資料 スケッチ帖・挿絵下絵類より 178
  総南行 石井林響 179
  石井君に就て 橋本関雪 182
  関雪氏の『南画への道程』を読む 石井林響 183
  林響書簡 184
  落款・箱書  186
  石井林響 自用印 191
   
  参考文献 193
  作品リスト 197


  ページトップへ