千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他





ミュシャと日本、日本とオルリク
Mucha and Japan / Japan and Orlik in commemoration of
the 100th Anniversary of Japan-Czech Republic Relations


会期 2019年 9月7日(土)→ 10月20日(日)
※本展は終了いたしました。


この展覧会は、アルフォンス・ミュシャ(Alfons Mucha 1860–1939)とエミール・オルリク(Emil Orlik 1870 –1932)というチェコ出身のふたりのアーティストに光をあて、ジャポニスム(日本趣味)の時代に出発した彼らの作品と、彼らから影響を受けた日本の作家たち、さらにはオルリクに木版画を学んだドイツ語圏の作家たちを取りあげ、グラフィックを舞台に展開した東西の影響関係を観察しようとするものです。

 ミュシャは、ジャポニスムに湧くパリで、女優サラ・ベルナールを描いた《ジスモンダ》に始まる一連のポスターで名を馳せました。その評判はすぐさま日本に伝わり、ミュシャの女性像は1900年創刊の雑誌『明星』で紹介されて白馬会を中心とする日本の画家たちー藤島武二や中沢弘光らに絶大な影響を与えました。一方のオルリクは、プラハに生まれ、ベルリンやウィーンでジャポニスムの潮流にふれて日本への憧れを募らせました。

そして1900 年から翌年にかけて来日、浮世絵版画の彫りや摺りを学び、帰国して多くの後進を木版制作に駆り立てます。また、滞日期に手がけた石版画が、白馬会展に出品されて雑誌『方寸』に集った作家たちを大いに刺激したことも知られています。 こうした1900年前後の影響関係は、グラフィックを介したジャポニスムとその還流と捉えることができます。本展ではミュシャとオルリクに加え、背景としてのチェコのジャポニスムを紹介するほか、ウィーン分離派の周辺作家やヴォイチェフ・プライシグ、タヴィーク=フランティシェク・シモン、ヴァルター・クレム、カール・ティーマンらの作品を、雑誌『明星』や『方寸』周辺の作品と合わせ、グラフィックならではの、即時的で双方向な東西の芸術交流のさまを検証します。

 ※会期中大幅な展示替えを行います

主 催 =千葉市美術館/読売新聞社/美術館連絡協議会  後 援 =駐日チェコ共和国大使館/チェコセンター東京
協 賛 =ライオン/大日本印刷/損保ジャパン日本興亜/日本テレビ放送網

協 力 =ルフトハンザカーゴ AG/イデッフ/一般財団法人高久国際奨学財団
特別協力 =チェコ国立プラハ工芸美術館/ダッハウ絵画館


point 出品リスト(555KB)

アルフォンス・ミュシャ 
ポスター《「ジョブ」ポスター》1898年 石版、紙
三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム蔵

アルフォンス・ミュシャ
ポスター《 サラ・ベルナール
主演「ジスモンダ」》 1895年 石版、紙
三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム蔵

 

 

アルフォンス・ミュシャ ポスター《ムーズ・ビール》
1897年 リトグラフ、紙
三浦コレクション、川崎市市民ミュージアム蔵

 

 

エミール・オルリク《 ポトロフスキー手袋店》
1897年 石版、紙 宇都宮美術館蔵

 

ヴォイチェフ・プレイシグ
《 少女の思い、〈カラー・エッチング〉集、図1》
1906年 カラーエッチング、紙
チェコ国立プラハ工芸美術館蔵

 

中沢弘光《絵葉書「美人と感覚」表情六態 二、
嗅(女学生)》 1905年
木版・ステンシル、紙 三重県立美術館蔵


ご案内
観覧料

一般   1200円(960円) (税込)
大学生  700円(560円) (税込)
小・中学生、高校生無料
☆オープニング記念割引…9月7日(土)の初日は観覧料半額
☆10月18日(金)は「市民の日」につき観覧無料

※( )前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(8月25日まで)、ローソンチケット(Lコード:35404)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて9月6日まで販売(9月7日以降は当日券販売)


開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

9月30日(月)、10月7日(月)

関 連

講演会「ミュシャと挿絵の世界」
【講師】西川奈津美(堺 アルフォンス・ミュシャ館 学芸員)
10月6日(日)14:00〜(13:30開場予定)/11階講堂にて/
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴講無料

ワークショップ
@「消しゴムはんこで蔵書印をつくろう」事前申込制
【講師】あまのさくや(絵はんこ作家) 
9月8日(日)13:30〜16:30
定員20名/対象:中学生以上/参加費500円(材料費込)
申込締切:8月28日(水)必着

A「にじいろメダル」を作っちゃおう!」 
10月5日(土)10:00〜15:00(14:00受付終了)
先着50名/対象:5歳以上(保護者同席の場合3歳から可、親子での参加可)/参加費100円/大人は観覧券が必要です

みんなでつくるスタジオ・プレ企画
B「気づいて話して楽しもう! みんなのアート鑑賞ワークショップ」事前申込制
9月22日(日)13:00〜15:00
C「秋めくお皿づくり」事前申込制
10月19日(土)13:30〜16:30

※上記ワークショップのお申し込みはそれぞれの詳細ページから行ってください。


市民美術講座
「めぐるジャポニスム−「ミュシャと日本、日本とオルリク」展に寄せて」
 

【講師】西山純子(当館上席学芸員)
9月21日(土)14:00〜(13:30開場予定)/11階講堂にて/先着150名/聴講無料

ギャラリートーク
担当学芸員による:9月11日(水)14:00〜
ボランティアスタッフによる:会期中の毎週水曜日(9月11日を除く)14:00〜
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※混雑時には中止する場合があります。

  point 展覧会カタログ
同時開催 point 新収蔵作品展「蕭白と鉄斎、一村と魁夷−収集をめぐるいとなみ」

  ページトップへ