千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



林響の周辺


会期 2018年11月23日(金・祝)〜2019年1月14日(月・祝



 

橋本 関雪 《水城暮雨図》大正8年(1919)
絹本墨画淡彩一幅


 「生誕135年 石井林響展」に関連し、所蔵作品展「林響の周辺」を開催いたします。
 林響は明治33年(1900)頃、16歳の頃に上京し、橋本雅邦の門下生となりました。その後41歳で郷里に近い大網に移住するまでの約25年間、明治末から大正末までという時期、東京の画壇の中央で奮闘していたのです。
 本展ではその大正期を中心に、林響の周辺にいた画家たちや、林響と同様の傾向を示していた画家たちの作品を、所蔵品のなかからご紹介します。また、林響が敬慕した江戸時代の文人画家の作品もあわせてご覧いただきます。なかでも、森田恒友や小杉未醒らによる田園憧憬の色濃い風景版画や、「西の関雪、東の林響」と並び称された橋本関雪の大正期の作風、そして林響がその「大の信者」であった浦上玉堂の世界をお楽しみください。林響を とりまく時代の息吹と価値観を少しでも共有していただければ幸いです。



point 「林響の周辺」出品リストはこちら(PDF:616KB)

 主  催 千葉市美術館






森田恒友 「日本風景版画 第五集 天草之部 三、牛深港」 大正6年 
木版画集一冊




田岡 春径 《秋晴》 昭和18年 紙本着色一面

ご案内
観覧料

一般    200円(160円)
大学生   150円(120円)

※( )内は団体30名様以上
※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※ 同時開催「木版画の神様 平塚運一展」入場者は無料

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

12月3日(月)、12月29日(土)〜2019年1月3日

同時開催

「生誕135年 石井林響展 −千葉に出づる風雲児−」


  ページトップへ