千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



所蔵作品展
高村光太郎の周辺


会期 2013年6月29日(土) 〜 8月18日(日)
※本展は終了いたしました。





柳原義達《猫》1964(昭和39)年 千葉市美術館蔵


 今回、「生誕130年 彫刻家・高村光太郎展」開催にあわせ、当館が所蔵する近代版画および現代美術のコレクションのなかから、高村光太郎(1883-1956)とゆかりのある作家および作品を展示します。
 近代日本彫刻を代表する作家であった光太郎はまた、1910年に日本で初めて近代的な画廊「琅?洞(ろうかんどう)」を開きました。また同じ年、評論「緑色の太陽」を発表し、新しい油彩画のありかたを模索していた画家たちに大きな影響を与えています。

 本展示では若き日の光太郎が海外留学中に交友を深めたバーナード・リーチ(1887-1979)をはじめ、戦後の日本彫刻を代表する作家である柳原義達(1910-2004)などの作品、そして関連資料をご紹介します。彫刻に止まらず、さまざまの分野に影響を与えた光太郎の足跡をご理解頂けることを願ってやみません。


 「高村光太郎の周辺」出品リストはこちら。(PDF282KB)




戸張孤雁《玉のり》1914(大正3)年
千葉市美術館蔵




バーナード・リーチ《北京天壇》 1916(大正5)年
千葉市美術館蔵




毛利武士カ《手の中の眼》1956(昭和31)年
千葉市美術館蔵




柳原義達《黒人の女》1956(昭和31)年
千葉市美術館蔵

ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学生   150円(120円)


※( )内は団体30名様以上
※ 千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※ 同時開催「彫刻家・高村光太郎展」入場者は無料

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第一月曜日(7月1日、8月5日)

関 連

市民美術講座
「光太郎・その時代」

8月10日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】藁科英也 (当館学芸係長)

同時開催

「生誕130年 彫刻家・高村光太郎展」


  ページトップへ