千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



仏像半島―房総の美しき仏たち―


会期 2013年4月16日(火)〜 6月16日(日)
※本展は終了いたしました。



 

 


 太陽と森と海に抱かれし百余体。その野趣と洗練に触れる至福。
 
 房総の地に仏教文化が及んだのは7世紀後半といわれています。以来豊かな大地と海とを背景に多くの寺院が建立され、多彩な造形活動が展開されてきました。本展は、近年見いだされた諸仏や最新の研究成果を視野に入れ、改めて房総の仏教文化の本質を探ろうとするものです。

 展示室に集うのは、房総半島各地から選りすぐられた仏像約150体。関東の白鳳仏としてきわめて重要な龍角寺の薬師如来坐像に始まり、平安前期の森厳な作例を経て、定朝様や鎌倉様式を受容してゆく流れを追う一方で、「七仏薬師と妙見菩薩」「房総の鋳造仏と上総鋳物師」といったこの地ならではのテーマも検証します。また造立当初の雰囲気を再現すべく、小松寺や東明寺、真野寺の諸尊を群像として立体的に配置。いつもの千葉市美術館とはひと味違った、劇的な展示空間を体感していただきます。
 
 日蓮宗の祖である日蓮は安房国(現在の鴨川市小湊)の出身。以来房総の地は法華の傑僧を数多く輩出しています。本展では「法華の傑僧たち」の一章を設け、日蓮をはじめ日朗や日像、日親らにゆかりの彫刻や絵画を多数紹介。その多くは県外からのお里帰りです。
 また房総の仏像が一堂に会するこの機会に、波を彫らせたら天下一と謳われた江戸時代の彫物大工、初代伊八こと武志伊八郎信由(1751-1824)の作品を特別展示。石堂寺多宝塔の脇間彫刻16面(ほか)をご覧いただきます。
 
 房総を代表する諸仏のほか、長らく非公開であった秘仏や新出の仏像を数多く含み、房総仏画の優品もあわせた、まさに決定版といってよい内容です。燦々と降り注ぐ陽光と緑深き森、そして豊穣な海—。恵まれた自然に守られ、東国らしい大らかな野趣と意外なほどの洗練を示す房総の仏像たち。その魅力にふれるまたとない機会を、どうぞお見逃しなく!

※会期中大幅な展示替えを行います。詳しくは出品目録をご覧ください。

 出品目録(展示替えスケジュール)はこちら。(PDF543KB)

 主  催
 協  賛





薬師如来立像 平安時代前期/十二神将像 鎌倉時代
ともに東明寺(富津市)




薬師如来坐像 平安時代後期
常燈寺(銚子市)



四天王像のうち広目天 鎌倉時代後期
勝覚寺(山武市)




薬師如来坐像 奈良時代
龍角寺(栄町)




妙見菩薩立像 鎌倉時代後期
東庄町





聖観音立像 平安時代後期
小網寺(館山市)
ご案内
観覧料

一  般  1000円(800円)
大学生  700円(560円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住65歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(3月22日まで)、ローソンチケット(Lコード:36528)、セブンイレブン(セブンコード:022-139)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(6月16日まで)にて販売。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

5月7日(火)、5月20日(月)、6月3日(月)

関 連

■記念講演会
「房総の仏像—鎌倉時代を中心に—」

6月9日(日)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
【講師】武笠朗(実践女子大学教授)
聴講無料/定員150名 
【申込方法】往復はがきまたはEメールにて、郵便番号、住所、氏名、電話番号、参加人数(2名まで)を明記のうえ、下記までお送りください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 仏像半島講演会係
butsuzou.event@ccma-net.jp(件名を「仏像半島講演会参加希望」としてください)
※申込締切 5月29日(水) 必着
※お申込はお1人につき1通まで、応募多数の場合は抽選となります。
※携帯電話からお申込みされる場合は、ccma.event@ccma-net.jpからのメールを受信できるように設定してください。

■シンポジウム
・4月20日(土)「仏像に見る房総の造形」

【パネリスト】濱名徳順(宝聚寺)、瀬谷貴之(神奈川県立金沢文庫学芸員)、石川丈夫(鴨川市郷土資料館学芸員)
【司会】馬渡竜彦(妙宣寺)

・4月27日(土)「お寺コンテンツ〜寺カルチャーから寺院縁起まで〜」
【パネリスト】小杉秀文(勝覚寺)、植田憲(千葉大学大学院デザイン文化計画研究室 教授)、土本一貴・竹内唯(東京大学文化資源学専攻修了生)
【司会】京極勇剛(宝金剛寺)

・5月4日(土)「房総が生んだ法華の傑僧たち—日朗、日像、日英、日親—」
【パネリスト】中尾堯(立正大学名誉教授)、蓑輪顕量(東京大学大学院人文社会系研究科教授)
【司会】濱名徳順(宝聚寺)

いずれも14:00より(13:30開場)11階講堂にて/先着150名/聴講無料


■声明公演
・天台宗南総教区研修所「天台声明公演—四箇法要—」

4月21日(日)15:00より(14:30開場)1階さや堂ホールにて/観覧無料

・豊山太鼓「千響」
4月28日(日)14:00より(13:30開場)1階さや堂ホールにて/観覧無料

・真言法響会「悠久の調べ」
5月3日(金・祝)、5月26日(日)いずれも14:00より(13:30開場)1階さや堂ホールにて/観覧無料

・天台宗北総仏教青年会+邵容(中国琵琶)+張勇(二胡)「佛の聲を聞くー天台の声明」
6月8日(土)14:00より(13:30開場)、17:00より(16:30開場)いずれも1階さや堂ホールにて/観覧無料

■「Bharatanatyam/南インド古典舞踊〜ロータスの夢」
5月19日(日)14:00より(13:30開場)/1階さや堂ホールにて
出演:小田切淳子(南インド古典舞踊家)
観覧無料/先着150名

■「妙光寺"おひげのお祖師さま"衣替えセレモニー」

「おひげのお祖師さま」として親しまれている多古町・妙光寺の《日蓮上人像》(本展出品)。毎年お寺で行われているその更衣式が、特別に美術館を会場に開催されます。
6月1日(土)11:00〜12:00/1階さや堂ホールにて/先着150名/観覧無料

■ワークショップ
・美術館ボランティアスタッフによる多色摺ワークショップ「散華をつくろう」
5月26日(日)10:30〜12:00、13:00〜15:30
1階エントランスにて/参加無料

・立寄りワークショップ「仏像の衣はどうなっている?」
10メートルを超える布を使い、如来形と菩薩形の着衣を実演します。ご希望の方には着付けをいたします。
6月1日(土)10:30〜12:00、14:00〜17:00
7階ミュージアムショップ前にて/参加無料

・親子ワークショップ「すすめ、仏像半島たんけん隊!」(事前申込制)
グループごとに展示室を探検し、仏像の種類やポーズの意味などを考えます。
6月1日(土)14:00より 8階展示室入口に集合/参加無料
対象/小学生の子どもとその保護者(2人1組)12組
【申込方法】往復はがきまたはEメールにて、郵便番号、住所、2人分の氏名、お子さんの学年、当日連絡可能な連絡先を明記のうえ、下記までお送りください。
〒260-8733 千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 仏像半島たんけん隊係
workshop@ccma-net.jp(件名を「仏像半島たんけん隊参加希望」としてください)
※申込締切 5月22日(水) 必着
※お申込はお1人につき1通まで、応募多数の場合は抽選となります。
※携帯電話からお申込みされる場合は、workshop@ccma-net.jpからのメールを受信できるように設定してください。

■市民美術講座
「門前の館長、仏像を語る」

5月25日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名 
【講師】河合正朝(当館館長)

ギャラリートーク

担当学芸員による ―4月17日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる ― 会期中毎週水曜日(4月17日を除く)14:00より
*水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。

■バスツアー
東京発もご用意!詳しくはクラブツーリズムへ。
http://www.club-t.com/
【コース番号:C3012-990、C3031-990、C3123-990】

注目情報

「仏像半島」展ならではの企画が目白押しです!

会期中、1階のさや堂ホールが期間限定カフェとなります。その名も「蓮池茶房 by かぼちゃわいん」。千葉市内に現存する数少ない近代建築の一つであるさや堂ホールの荘厳な雰囲気の中で、展覧会オリジナルスイーツなどをお楽しみください。
【メニュー】蓮の実ロールケーキ、ピーナッツマカロン、蓮の葉茶、コーヒーなど
【営業時間】11:00〜18:00(ラストオーダー17:30)
【休業日】休館日および、さや堂ホールでのイベント開催日(4月21・28日、5月3・7・19・20・26日、6月1・3・8日)

◎「仏像半島」展オリジナル顔出しパネルを館内に設置、記念撮影スポットとしてお使いいただけます。実際に光背を背負いながら邪鬼を踏み、四天王像になりきることも!

◎「仏像半島」展のためだけのオリジナルグッズをご用意。他では見られない、変わったアイテムも制作中です。乞うご期待!

 

point 展覧会カタログ


  ページトップへ