千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



須田悦弘による江戸の美


会期 2012年10月30日(火) 〜 12月16日(日)
※本展は終了いたしました。







 「須田悦弘展」開催にあわせ、7階展示室では、作家自ら千葉市美術館のコレクションから選んだ江戸絵画・版画の名品を展示します。さらに会場の随所で、出品作品と自作の花の木彫を組み合わせ、時代を超えた美の競演を演出。これまでにないユニークな古美術作品の展示を試みます。

 須田悦弘は、2000年、大倉集古館で開かれた「拈華微笑—仏教美術の魅力」で、国宝の《普賢菩薩像》のケース内に小さな《雑草》を忍ばせました。彼自身「私にとってターニング・ポイントとなった展示のひとつ」とこの展覧会を評しているように、以後も機会あるごとに、古美術作品と自作の木彫を組み合わせた展示を行ってきました。通常のインスタレーションとはひと味違った、古美術と現代美術のコラボレーションの魅力をお楽しみください。

 主  催 千葉市美術館




須田悦弘《椿》2002年 作家蔵 / 無款《椿図屏風》江戸時代前期 個人蔵(千葉市美術館寄託)


ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学生  150円(120円)


※( )内は団体30名様以上
※ 千葉市内在住60 歳以上、千葉県在住の65歳以上の方、小・中学生、高校生、および障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※ 同時開催「須田悦弘展」入場者は無料

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

11月5日(月)、12月3日(月)

関 連

市民美術講座
「日本美術にみる内と外」

12月8日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名 
【講師】河合正朝(当館館長)

同時開催

point 須田悦弘展


  ページトップへ