千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



瀧口修造とマルセル・デュシャン


会期 2011年11月22日(火)〜 2012年1月29日(日)
※本展は終了いたしました。






 瀧口修造 (1903-1979) は、1938年、『みづゑ』誌上に「マルセル・デュシャン(調革の論理)」を、1955年には『藝術新潮』に「異色作家列伝12:デュシャン」を発表し、日本のマルセル・デュシャン受容において先駆的な役割を果たしました。けれども瀧口にとってデュシャンが真に特別の存在となるのは、スペインのカダケスにあるサルヴァドール・ダリ宅を訪れた際に、このダダの巨匠との邂逅を果たしたのちのことです。以後瀧口はデュシャンと手紙のやり取りを続け、彼の異名「ローズ・セラヴィ」を冠したオブジェ・ショップの構想、『マルセル・デュシャン語録』の編纂、岡崎和郎の助けをかりての《檢眼圖》の制作など、最晩年に至るまで精神的なつながりを保ち続けました。

 本展は、300点を超える作品や資料をとおして、瀧口修造とマルセル・デュシャンの交流を紹介します。第1部では「大ガラス」を未完のまま放棄した1923年以降のデュシャンの作品を展示し、第2部では瀧口とデュシャンの具体的な交流やつながりを、二人の作品や写真・書簡等の資料によって編年順に跡づけていきます。また第3部では、ジャスパー・ジョーンズ、マン・レイ、荒川修作、岡崎和郎をはじめ、瀧口が交友を結んだ14人の作家たちによる、瀧口ゆかりの作品およびデュシャン関連作品を展示します。

「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展出品リストはこちら(PDF 450KB)

 主  催
 協  力





瀧口修造、岡崎和郎《檢眼圖》1977年 千葉市美術館蔵



マルセル・デュシャン《泉》1917/1964年
京都国立近代美術館蔵
(c)Succession Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011




マルセル・デュシャン《トランクの中の箱 (特装版)》
1946年 富山県立近代美術館蔵
(c)Succession Marcel Duchamp / ADAGP, Paris & SPDA, Tokyo, 2011


瀧口修造《マルセル・デュシャン語録》1968年
富山県立近代美術館蔵




岡崎和郎《マルセル・デュシャン(人名録より)》
1970年 作歌蔵
【展覧会紹介動画】

ご案内
観覧料

一  般  800円(640円)
大学生  560円(450円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住60歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
※前売券はミュージアムショップ(11月13日まで)、ローソンチケット(Lコード:35146)、セブンイレブン(セブンコード:013-483)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(1月29日まで)にて販売。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

12月5日(月)、12月29日(木)〜1月3日(火)

関 連

コンサート
「高橋アキ・ピアノ・リサイタル−ケージ・武満・実験工房」
*要事前申込
12月3日(土) 14:00より(13:30開場) 1階さや堂ホールにて
演奏:高橋アキ(ピアニスト)
ジョン・ケージ「マルセル・デュシャンのための音楽」をはじめ、瀧口修造ゆかりの作曲家によるピアノ作品を、現代音楽の第一人者が演奏。

【申込方法】
往復はがきに、郵便番号・住所・氏名・電話番号、イベント名、参加人数(2名まで)を明記の上、下記までお送りください。11月25日(金)必着
応募多数の場合は抽選となります。
〒260-8733千葉市中央区中央3-10-8 千葉市美術館 企画係

記念講演会
「 瀧口修造とマルセル・デュシャン 」

12月11日(日)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
【講師】巖谷國士(明治学院大学名誉教授)
聴講無料/先着150名 

映画上映会
「死なない子供、荒川修作」

1月15日(日) 14:00より(13:30開場) 11階講堂にて
「三鷹天明反転住宅」を中心に荒川修作の作品世界を紹介するドキュメンタリー映画。
監督:山岡信貴  ナレーション:浅野忠信(2010年作品、80分)
入場無料/先着150名
 
展覧会
「瀧口修造の光跡III 百の眼の物語」
12月6日(火)〜12月25日(日)9階市民ギャラリーにて/入場無料
瀧口修造のデカルコマニー40点を、1960年頃から晩年まで年代順に展示し、その色彩や文様の生じ方などの変遷をたどる。土渕信彦氏がそのコレクションにより毎年企画・開催している瀧口展の第3回展。


市民美術講座
「 1923年以降のマルセル・デュシャン 」

12月17日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】 水沼啓和 (当館学芸員)

「 瀧口修造 2つの旅とデュシャン」

1月21日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】 水沼啓和 (当館学芸員)

ギャラリートーク

担当学芸員による
11月23日(水) 、1月9日(月) 14:00より
ボランティアスタッフによる
会期中毎週水曜日(11月23日を除く)14:00より
*水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。

情報

DIC川村記念美術館との提携
■チケット半券提示による相互割引
DIC川村記念美術館で開催の「視覚の実験室 モホイ・ナジ/イン・モーション」(12月11日まで)と「抽象と形態:何処までも顕れないもの」(1月14日より)の会期中に、千葉市美にて川村の、川村にて千葉市美のチケットの半券(有料券のみ)をご提示頂いたお客様には、入場料の割引を行います。

千葉市美術館:一般800円→640円、大学生560円→450円
DIC川村記念美術館:一般1200円→1000円、学生・65歳以上:1000円→800円

無料往復バス
「瀧口修造とマルセル・デュシャン」展とDIC川村記念美術館の2つの展覧会の会期が重なる時期の土・日曜日に、両館を往復する無料バスを運行します。所要時間は約50分です。

運行日:11月26,27日 12月3,4,10,11日 1月14,15,21,22,28,29日
時間:千葉市美発13:00,川村発14:00,千葉市美発15:00,川村発16:00
千葉市美術館エントランス前、DIC川村記念美術館無料バスのりばから発着します。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 所蔵作品展「実験工房の作家たち」


  ページトップへ