千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



生誕130年 橋口五葉展


会期 2011年6月14日(火)〜 7月31日(日)
※本展は終了いたしました。






 橋口五葉(1881-1921)は鹿児島市の生まれ。1899年に上京してはじめ橋本雅邦に日本画を学びますが、まもなく洋画に転じて東京美術学校へ進みました。油絵修業のかたわら図案にも才を発揮、1905年にはかの『吾輩ハ猫デアル』(夏目漱石著)で装幀家としてデビュー、以後アール・ヌーヴォーを基調とした優美な装本の数々を世に送りました。1911年の三越呉服店による懸賞広告画募集では1等となって話題をさらい、同じ頃から錦絵の研究・復刻にも取り組んでいます。そして1915年の渡邊版《浴場の女》を経て《化粧の女》や《髪梳ける女》に代表される珠玉の私家版木版を残し、41歳の若さで没しました。

本展は、監修に美術史家の岩切信一郎氏を迎え、油彩、水彩、素描、版画、絵葉書、装幀本、ポスターなど約400点から改めて橋口五葉の全貌を探ろうとするものです。展示作品には、1912年の无声会展に出品され、モノクロ写真でのみその存在を知られていた幻の《黄薔薇》をはじめとする新出資料が数多く含まれ、五葉の制作の軌跡をかつてなく照らしてくれることでしょう。五葉が独自の美意識をもって創造した多様なデザインや女性像、その馥郁たる線と色を、どうぞご堪能ください。


「生誕130年 橋口五葉展」出品リストはこちら(PDF 776KB)

主  催




橋口五葉《黄薔薇》1912年
個人蔵




橋口五葉《孔雀と印度女》1907年
個人蔵(鹿児島県歴史資料センター黎明館寄託)



橋口五葉《鳶巣山》1910年のスケッチブックより 個人蔵



橋口五葉《髪梳ける女》1920年
千葉市美術館蔵




橋口五葉《化粧の女》1918年
千葉市美術館蔵




橋口五葉《爪を切る女》制作年不詳
鹿児島市立美術館蔵

 

橋口五葉装幀『虞美人草』(夏目漱石著)1907年
個人蔵(千葉市美術館寄託)

 

橋口五葉装幀『相合傘』(泉鏡花著)1914年
個人蔵(千葉市美術館寄託)

【展覧会紹介動画】

【展示風景動画】

ご案内
観覧料

一  般  1000円(800円)
大学生  700円(560円)
小・中学生、高校生無料

※( )内は前売券、団体20名様以上、および市内在住60歳以上の料金
※障害者手帳をお持ちの方とその介護者1名は無料
前売券はミュージアムショップ(6月5日まで)、ローソンチケット(Lコード:37960)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口(7月31日まで)にて販売。

開館時間 日〜木曜日 10:00〜18:00
金・土曜日 10:00〜20:00
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(7月4日)

関 連

記念講演会
「新・橋口五葉 譚(ものがたり) 」

7月10日(日)14:00より(13:30開場)/11階講堂にて
講師: 岩切信一郎 (美術史家)
聴講無料/先着150名  

市民美術講座
「橋口五葉が追い求めた女性像」

6月25日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】西山純子(当館学芸員)

「橋口五葉と浮世絵」
7月16日(土)14:00より/11階講堂にて
聴講無料/先着150名
【講師】小林忠(当館館長)

中学生のためのギャラリークルーズ'11

7月22日(金)、23日(土)10:00-15:00随時受付/8階展示室にて
参加無料/各日先着30名程度
子どもだけでの来館と鑑賞をサポートします。受付順に随時グループを組み、ボランティアリーダーと「橋口五葉展」を鑑賞します。1人でもグループでも参加可。夏休みの宿題(展覧会鑑賞)にも対応できます。所要時間30〜40分程度。参加希望の方は直接会場へお越し下さい。


ギャラリートーク
担当学芸員による:6 月15日(水) 14:00より
ボランティアスタッフによる:会期中毎週水曜日(6月15日を除く)
14:00より*水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。

 

point 展覧会カタログ

同時開催

point 所蔵作品展「ドローイングの楽しみ」


  ページトップへ