千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



新収蔵作品展



会期 2011年1月29日(土) 〜 2月27日(日)
※本展は終了いたしました。



 


 美術館にとって、所蔵作品を知り、守ることはとても大切な仕事です。それぞれが持つ物語を広げ、コレクション全体を豊かにするために、新たな作品を収集することもまた同じ。このところの財政状況により作品購入はしばらく行っておりませんが、寄贈・寄託という形で所蔵品は着実に増えています。
 今回の「新収蔵作品展」では、平成17 年度以降に寄贈・寄託いただいた作品から、初公開作品を中心にご覧いただきます。狩野芳崖の襖絵《龍図》や伊東深水による若き日の淡彩画、三岸節子のエネルギッシュな《高原の花》など、時代は江戸時代初期から現代まで、ジャンルも日本画、油彩画、書、版画、漆器、立体造形など多岐に渡ります。
  コレクターに愛蔵され、あるいはご遺族の手で大切に守られてきた、「愛でる」という鑑賞の原点を教えてくれる作品たちに、どうぞ会いにきてください。


「新收蔵作品展」出品リストはこちらから(PDF528KB)



三岸節子《高原の花》
昭和38年(1963) 楠原豊松氏寄贈




高田柳哉《平棗大徳寺椿》
平成12 年(2000) 高田柳哉氏寄贈

【展覧会紹介動画】


【展示風景動画】

ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学・高校生  150円(120円)
中・小学生および千葉市内在住60才以上の方 無料
※( )内は団体30人以上

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(2月7日)

関 連 担当学芸員によるギャラリートーク
2月9日(水)/14:00より

会期中の催し

市民美術講座「喜多川歌麿と錦絵の黄金時代」
2月19日(土)/14:00より/11階講堂にて/聴講無料/先着150名
同時開催

「武蔵野美術大学 美術館・図書館所蔵 ネフ・コレクション―ヨーロッパの木製おもちゃ」


  ページトップへ