千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



サトウ画廊コレクション 〜現代版画の魅力〜



会期 2009年12月15日(火)〜 12月26日(土)
※本展は終了いたしました。




 千葉市は1991(平成3)年度に、東京にお住まいの佐藤友太郎氏から美術品407点の寄贈を受けました。佐藤氏は銀座で1955年から81年にかけて「サトウ画廊」を経営し、戦後の現代美術の普及・発展に貢献されました。26年間に約700人以上もの美術家たちがサトウ画廊で作品を発表しています。
 サトウ画廊で展覧会を開催した作家達は佐藤氏に好感を抱き、展覧会終了後には小品を画廊に贈ったこともしばしばありました。このため氏の手許には400点以上の作品が集まることとなったのです。氏は、同時代の美術に接する一助として、美術館を開設準備中の千葉市に、所有するほとんどの美術品を寄贈されました。作品の内訳は、102人の作家による絵画166点、版画213点、彫刻14点、写真1点、工芸13点です。
 今回は、特に版画作品を紹介します。版画はオリジナルが1点だけの油彩などとは違い、複数性が重要な性格です。 サトウ画廊では、この版画の性格に注目し、絵画の好きなひとびとに新しい美術をひろめるため、そして作り手たちに資するため、版画による展覧会を積極的に開催し、版画を専門としない美術家たちにも制作を呼びかけました。結果として、サトウ画廊の版画をめぐる活動は、技術の専門性ゆえに閉鎖的になるおそれのある版画の世界に、新しい刺激を与えることに貢献しました。


出品目録はこちら(PDF 88KB)


ご案内
会場

千葉市民ギャラリー・いなげ 
(千葉市稲毛区稲毛1丁目8番35号  電話 043-248-8723)

観覧料

無料

開館時間 9:00〜17:15
休館日

月曜日(12月21日)


  ページトップへ