千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



瀧澤久仁子コレクション
祈りをつづる染と織−タイの美しい布



会期 2009年6月27日(土)〜 2009年8月9日(日)
※本展は終了いたしました。





 

 染織家であった故・瀧澤久仁子氏は、ランナー朝の古都チェンマイに暮らし、一枚の布−タイ・デーン族のパービエン(肩掛け)−と出会ったことをきっかけに、タイ族をはじめ多様な民族の美しい布を丹念に見出し、膨大なコレクションとして遺しました。

 高度な織と染の技術を持ち、美しい布を作る“タイ族”。ここでそう呼ぶのは、タイの国に住む人々のことだけを意味するのではなく、遠い古代に北方から移動して、現在のタイ、中国、ベトナム、インド、ラオスなどに分布して住む民族のことを意味しています。

 瀧澤コレクションの概要は、すでに「太陽と精霊の布」展(2004年 千葉市美術館ほか)において公開され、その美意識に多くの方々が感銘を受けました。本展覧会は、さらにコレクションの調査を進め、瀧澤氏が最も愛したタイ族の布文化という視点を深めようとするもので、多くが初公開となる選りすぐりの191点により構成されます。

 家族の守護や豊かさといった祈りを込めながら、母から娘へ伝えられて来たタイ民族の精神と美意識は、布にどのように表現されているでしょうか。瀧澤氏自身が旅の中で撮影された写真も合わせてご紹介いたします。


出品目録はこちら(PDF 60KB)






女性のターバン
タイ・ダム族



女性の筒型スカート(パー・シン)
タイ・ルー族







タイ・デーン族の蚊帳飾り




女性の筒型スカート(パー・シン)の部分
タイ・デーン族/ラオス サムヌア




女性の筒型スカート(パー・シン)の部分
タイ・デーン族/ラオス サムヌア

タイ族の布

  タイ族の祖先は、古代長江下流域からインド・アッサムにおよぶ広域に住んでいた「越人」であると言われおり、他民族の支配に圧迫され、現在の中国雲南省(シプソンパンナ)、そして東南アジアへと移動、分布した民族です。そしてここでタイ族と呼ぶのも、国としてのタイに住む人々のことだけを意味するのではなく、遠い古代に先祖を同じくし、北方から移動して、タイ、中国、ベトナム、インド、ラオスなどに分布して住む民族を意味しています。

  タイ・デーン族、タイ・ダム族、タイ・ルー族など、いくつかに分かれたタイ族は、早くから定住が進んだためか、総じて織の技術に優れ、複雑な織模様を表わし、天然染料による美しい染色の技術を持っていました。母から娘へ伝えられて来た技術と民族の美意識は、タイ族の布に力強く印象的に表れています。衣服は立体的な裁断や縫い合わせがないのが伝統的ですが、その一枚の平らな布を身にまとう時、素晴らしい造形となって我々の前に立ち現れるのです。 

  また現在ではタイ文化圏の国々は仏教国として知られていますが、民族には古代より自然界に精霊が存在するという信仰が根強くあり、このような仏教以前からの信仰が、タイ族の美しい織文様の中に表現されてきたことも見逃せません。自然、神を擬人化した人型、頭が象で体は獅子であるという動物など、それらは民族が伝えてきた災いを退ける祈りの表れでした。 

  各国各地に分かれて暮らすタイ族が、古代からの文様を受け継ぎ、お互いに往来がなくても、強い絆による共通の美意識、共通の文様を古代から引き継いでいることには驚きさえ感じます。近代では機械産業、商業主義の産物にとなりがちな感のある布の世界ですが、手仕事の美の生きるタイ民族の布の粋を、この機会に是非ご覧ください。




タイ・ルー族の女性




ラオス サムヌア
タイ・デーン族の女性



タイ・ダム族の女性


祭のタイ・ユアン族とスカートの裾部分
/タイ メーチェム
瀧澤久仁子撮影


ご案内
観覧料

一  般  800円(640円)
大学・高校生  560円(450円)
中・小学生 無料
※( )内は団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の方
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(6月21日まで)、千葉都市モノレール
 「千葉みなと駅」「千葉駅」 「都賀駅」「千城台駅」の窓口(8月9日まで)にて販売

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第一月曜日(7月6日、8月3日)

関 連

記念講演会「タイの衣服と布にみる民族の心そして生活」
7月12日(日)/14:00より/11階講堂にて/先着150名様/聴講無料
【講師】吉村紅花(文化学園服飾博物館 学芸員)


Thitipol Kanteewong(ティティポン・カンティーウォン)コンサート
「メコンの精霊」(2回公演) 
 
7月17日(金)/18:00より
7月18日(土)/14:00より
1階さや堂ホールにて/先着150名様/無料


ワークショップ「タイ・カービング」
8月1日(土)/第1回 11:30より、 第2回 13:30より、第3回 15:00より
11階講堂にて/定員各回8名様/無料
【講師】中村富士男(タイ教育・文化センター講師)
【対象】高校生以上
要申込  詳しくはこちら


担当学芸員によるギャラリートーク

7月1日(水)/14:00より

ボランティアによるギャラリートーク
会期中の毎水曜日14:00より(7月1日をのぞく)

pointspace展覧会カタログ

 

同時開催  space

石井光楓ーパリの青春
こんな作品あったよ〜中学生が選ぶ所蔵作品展〜
※「タイの美しい布」展ご観覧の方は無料です。

  ページトップへ