千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



新収蔵作品展
写楽、夢二、そして房総ゆかりの作家たち




会期 2009年2月3日(火) 〜 3月1日(日)
※本展は終了いたしました。



 


早いもので千葉市美術館もオープン14 年目を迎えました。作品購入のなかなか難しい昨今ではありますが、それでもありがたいことに、ご寄贈やご寄託というかたちで所蔵作品は着々と増えています。今回は、平成15 年度以降に収集した絵画、版画、書、彫刻、立体、写真作品を8・7 階展示室を広々と使ってご覧いただきます。これまで所蔵作品展などですでにご紹介した作品も含まれますが、「新収蔵作品展」としての開催は4 年ぶりであり、その多くは初公開の寄贈作品となります。

当館の得意とするジャンル、錦絵からはかの東洲斎写楽〈三代目大谷鬼次の江戸兵衛〉や修復を終えたばかりの歌川広重・渓斎英泉《木曾海道六拾九次》を、今なお人気の衰えない竹久夢二の作品からは初期から中期にかけてのいわゆる「夢二本」16 冊と便箋3 種をご覧いただきます。近世・近代の絵画では、楠原豊松氏からご寄贈いただいた作品約40 点を一堂に展示いたします。いかにもコレクターの身近で親しまれた作品らしい、季節感あふれる風景画を中心とする一群です。

房総ゆかりのコレクションも近年とみに充実しつつあります。昭和のはじめに大網へ移住し、戦後は稲毛に暮らした田岡春径の〈秋晴〉のほか、石井光楓の滞仏期の作品や山谷^一の二科会出品作、遠藤健郎の戦後風景、深沢幸雄の初期銅版画、石井雙石や種谷扇舟の書などを展観し、地元の作家たちの画業・書業を顕彰いたします。

戦後の日本美術についても、これまでの収集を補完する作品のご寄贈が相次いでおります。そのなかから東京高等工芸学校( 現千葉大学工学部) 出身の土屋幸夫による作品22 点をはじめ、清水九兵衛の大型アルミニウム彫刻、高松次郎の1970 年代の写真、井田照一のリトグラフ、八木正の立体造形などを集め、現代美術の諸相を探ります。

美術館活動は、展覧会に足を運んでくださり、またさまざまなアドバイスや作品を寄せてくださるかたがたに支えられています。時代・造形ともに多彩な新収展をお楽しみいただくことがその返礼となり、さらなるご支援につながることを願ってやみません。


出品リスト(192KB)





東洲斎写楽〈三代目大谷鬼次の江戸兵衛〉
寛政6年(1794) 頃



竹久夢二『夢二画手本』2 より
大正12年(1923)


田岡春径〈秋晴〉
昭和18年(1943)





関主税〈池心〉 昭和末期



石井光楓〈サボをはく男〉
大正14- 昭和6年(1925-31)頃





高松次郎〈フォトグラフ〉
1973年


清水九兵衛〈FIGURE 16〉
1988年

ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学・高校生  150円(120円)
中・小学生 無料
※( )内は団体30人以上および千葉市内在住60才以上の方

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

会期中無休

関 連 担当学芸員によるギャラリートーク
2月4日(水)/14:00より

ボランティアによるギャラリートーク
会期中の毎水曜日14:00より(2月4日をのぞく)

多色摺木版画ワークショップ「写楽、夢二を摺ろう!」
1月24日(土)、1月25日(日) 両日とも10:30〜15:00 随時参加
1階エントランス奥にて/各日先着150名様/無料

会期中の催し

市民美術講座「現代アートに生きる江戸−浮世絵ポップ」
2月28日(土)/14:00より/11階講堂にて/聴講無料/先着150名
同時開催

「千葉市美術館所蔵作品展《日本風景版画》全作品」
千葉市民ギャラリー・いなげ にて
2009年2月10日(火)→2月22日(日) 入場無料


  ページトップへ