千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



八犬伝の世界



会期 2008年9月13日(土)〜10月26日(日)
※本展は終了いたしました。







曲亭馬琴(1767-1848)が、文化11年(1814)から天保13年(1842)までの長期にわたって執筆、刊行した読本『南総里見八犬伝』は、善悪入り乱れて様々なエピソードが繰り広げられる、全98巻106冊に及ぶ我が国最大の長編伝奇小説として知られています。
まもなく歌舞伎の題材として取り上げられ、関連する浮世絵なども多く制作されました。世代を問わず人々を夢中にさせた八犬伝の世界は、まさに江戸時代後期の文化を集約したものと言ってよいでしょう。
その人気は、明治時代以降も連綿と続き、現在に至るまで美術、文学、漫画、映画、演劇などの題材として取り上げられています。
原作を読む機会がなかったとしても、NHK人形劇『新八犬伝』や市川猿之助のスーパー歌舞伎「八犬伝」などで、物語に親しんだ方も多いことでしょう。

2008年は馬琴没後160年に当たります。本展覧会は、服部仁氏の八犬伝浮世絵コレクションを中心に、馬琴の資料、近代日本画、現代の歌舞伎、少女漫画に至るまでの多彩な作品約250点を通して、現代にも通じる「八犬伝の世界」の魅力を探るものです。






歌川国芳「八犬伝之内芳流閣」大判錦絵3枚続 天保11年(1840)



月岡芳年「芳流閣両雄動」
大判竪2枚続 明治20年


豊原国周「里見八犬士之内 犬坂毛野」
大判錦絵 慶応1年(1865)




三代目凧八(加藤辰三郎)犬山道節(駿河凧)
昭和期 館山市立博物館蔵

ご案内
観覧料

一  般  1000円(800円)
大学・高校生  700円(560円)
中・小学生 無料
※10月18日(土)・19日(日)は市民の日につき入場無料
※( )内は団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の方
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(7月21日まで)、千葉都市モノレール
 「千葉みなと駅」「千葉駅」 「都賀駅」「千城台駅」の窓口(10月26日まで)にて販売

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(10月6日)

関 連 監修者による講演会「『八犬伝』と浮世絵と」
9月15日(月・祝)/14:00より/11階講堂にて/先着150名
【講師】服部 仁(同朋大学教授)    


講演会「八犬伝の世界」
9月20日(土)/14:00より/11階講堂にて/先着順150人
【講師】町田 達彦(館山市立博物館 主任学芸員)


ワークショップ
伝統の駿河凧作り「八犬伝のヒーローを描く」

10月4日(土)/13:30より
10月5日(日)/13:30より
両日とも 3〜4時間/さや堂ホールにて/各回定員20名/材料費900円
【講師】駿河凧・凧八五代目 後藤光
 詳しくはこちら


劇団貝の火によるお話と人形遣い体験「八犬伝の人形をつかってみよう!」
10月中の土日
土曜14:00〜・16:00〜の2回、日曜14:00〜 各回40分程度
/7階展示室にて/
申込不要(高校生以上は観覧券が必要)


ワークショップ
「八犬士キーホルダーをつくろう」

10月12日(日)/13:00と15:00/先着順各回20人/11階講堂
12:00より8階受付で整理券を発行/材料費100円


担当学芸員によるギャラリートーク
9月17日(水)/14:00より

ボランティアによるギャラリートーク
会期中の毎水曜日14:00より (9月17日を除く)


市民美術講座
○「八犬伝とその時代ー幕末の錦絵」
10月13日(月・祝)/14:00より/11階講堂にて/先着150名
pointspace展覧会カタログ  
同時開催

所蔵作品展「ナンバーズ・数をめぐって
 ※本展チケットでご覧いただけます。


  ページトップへ