千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



日本・インドネシア共和国 国交50周年記念

インドネシア更紗のすべてー伝統と融合の芸術
All about Batik; Art of Tradition and Harmony



会期 2008年6月3日(火)〜7月21日(月・祝)
※本展は終了いたしました。






「Batik(バティック)」は、蝋による防染を繰り返して複雑な文様を染め上げていく臈纈染めのことで、日本では「インドネシア更紗(さらさ)」と呼ばれて親しまれてきました。インドネシアでは古くから、言語や社会、生活様式が異なる300以上の民族集団の独特な文化に外来文化が融合し、多様で豊かな文化が形成されてきました。そして、このような諸地域の文化的特色、生活とが密接に結びついて地域ごとに個性的なバティックを生み出してきました。

本展は、バティックの歴史とその魅力を広く紹介するもので、アジア地域研究を専門とされる国士舘大学教授戸津正勝氏の、30年に及ぶ膨大なコレクションから約400点を展示します。国交50周年を迎え、王宮及び現代作家、研究者をはじめとするインドネシア共和国諸機関の協力を得つつ、国内全域を網羅し、古い伝世品から現代の新進作家の作品まで、空前の規模でバティックを語る、まさにバティック決定版といえるでしょう。

 主 催
 監 修
 後 援


 助 成
 協 賛


会場風景はこちら



童話「赤ずきんちゃん」文筒型腰衣(部分)
北部海岸 20世紀前期 戸津コレクション




パラン文腰衣(部分)
ジョクジャカルタ・プジョクスモ
戸津コレクション



ワヤン文腰衣(部分) ジョクジャカルタ
20世紀前半 戸津コレクション




花束文筒衣(部分)
クドゥニ オイ・スー・チョン工房
20世紀中頃 戸津コレクション


ご案内
観覧料

一  般  800円(640円)
大学・高校生  560円(450円)
中・小学生 無料
※( )内は団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の方
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(5月18日まで)、千葉都市モノレール
 「千葉みなと駅」「千葉駅」 「都賀駅」「千城台駅」の窓口(7月21日まで)にて販売

開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(7月7日)

関 連

ファッションショー
6月8日(日)/11:00より・14:00より/1階さや堂ホールにて
申込不要
インドネシア更紗を用いたファッションとガムランを素材とするデジタル・ミュージックによる 玉川大学芸術学部ミュージアム・プロジェクト ビジュアル・アート・ショー


講演会「更紗と江戸の風俗」
6月28日(土)/14:00より/11階講堂にて/先着150名・聴講無料
【講師】小笠原小枝(日本女子大学教授)


開催決定!
ジャワ舞踊
6月28日(土) 15:30頃より(講演会終了後) 
舞踊:デワンダル
演目:2曲 
美術館内にて(場所は当日お知らせします。) ご自由にご覧いただけます。


袱紗講習会(お気に入りの布を使って、日本伝統の包み布・敷き布を作りましょう)
6月22日(日)、7月6日(日)/いずれも14:00〜16:00/9階講座室にて
【講師】長野みどり(江戸仕立仕覆師)
対象:15歳以上でボタン付け・運針ができる人
参加無料
 詳しくはこちら


バティック試着会
6月21日(土)、6月29日(日)、7月5日(土)、7月12日(土)、7月20日(日)
いずれも14:00〜17:00/9階講座室にて/参加無料
対象:身長100センチ以上のお子さまと成人女性
申込不要


追加開催決定!
講演会
「インドネシア更紗(バティック)の歴史とその心」
7月13日(日)/14:00〜15:30/11階講堂にて/先着150名・聴講無料
【講師】戸津正勝(国士舘大学教授)
※本展の監修者・作品所蔵者による講演会です。



担当学芸員によるギャラリートーク 
6月4日(水)、6月20日(金)/いずれも14:00より

ボランティアスタッフによるギャラリートーク
会期中の毎週水曜日(6月4日を除く) 14:00より

pointspace展覧会カタログ  
同時開催

「手仕事の美」
 ※本展チケットでご覧いただけます。


  ページトップへ