千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



満寿夫・マスオ・MASUO
−『池田満寿夫』理解のための三章−



会期 2008年4月5日(土)〜5月18日(日)
※本展は終了いたしました。


 


「池田満寿夫 知られざる全貌展」開催にあわせ、当館が所蔵する現代美術作品のなかから、池田満寿夫の多面的な活動をご理解いただけるよう、関連する動向を中心に、3つのコーナに分けて展示します。

1.「満寿夫」の章―デモクラート美術家協会

 池田満寿夫が参加した「デモクラート美術家協会」(1951年から57年まで活動)は、戦前から実験的な美術作品を制作していた瑛九(えい きゅう 1911-60)を中心に若者たちが結集した、エスペラント語で「民主主義」を意味する美術集団です。池田満寿夫は会の活動末期、56年に参加しました。メンバーとしての活動期間は短いものでしたが、彼はこの会で瑛九から色彩銅版画の制作をすすめられ、大きな影響を受けています。彼だけではなく、このグループに集った若者たちはその後、それぞれの道に進んでいます。このコーナーでは、靉嘔(あい おう 1931生)、磯部行久(いそべ ゆきひさ 1935生)、吉原英雄(よしはら ひでお 1931-2007)たちの作品を展示します。

2.「マスオ」の章―詩画集『あんま―愛慾を支える劇場の話』

 1960年代、舞踏家・土方巽(ひじかた たつみ 1928-86)の周囲にはたくさんの芸術家が集まり、舞踏公演の際にはポスターや衣装、プログラムなどに協力していました。池田満寿夫も参加した詩画集『あんま―愛慾を支える劇場の話』は、土方の舞踏生活10周年と「土方巽と日本人―肉体の叛乱」の公演を記念して1968年に制作されました。6人の文学者とマスオをはじめ7人の造形作家が協力した詩画集は、60年代の熱気を今も伝えています。このコーナーでは詩画集全点と瀧口修造(たきぐち しゅうぞう 1903-79)、加納光於(かのう みつお 1933生)、中西夏之(なかにし なつゆき 1935生)たちの作品を展示します。

3.“MASUO”の章―マルセル・デュシャンの銅版画集『恋人たち』

 池田満寿夫の版画作品には女性や愛がテーマとなっている作品が多いことはよく知られています。また、彼の作品の内容ばかりではなく、その制作点数の多さや多方面にわたる精力的な活動は20世紀絵画の巨匠であるパブロ・ピカソ(1881-1973)を連想させます。

 20世紀の美術は、このようなピカソ的なタイプの対極に位置するアーティストの代表的な存在として、マルセル・デュシャン(1887-1968)がいます。寡作、難解な彼の活動とその作品はしばしば「現代美術の源流」と呼ばれています。その彼が亡くなる年の1968年、PICCASOやMASUOが多くの作品のテーマとした「恋人たちの交歓」による連作版画を制作しています。このコーナーではMASUOの表現との違いを考えるために、彼の銅版画集『恋人たち』を中心に展示します。

出品リスト(128KB)



ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学・高校生  150円(120円)
※ 中・小学生および「池田満寿夫 知られざる全貌」展入場者は無料

※( )内は団体30名以上

開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

4月7日(月)、5月7日(水)

関連

担当学芸員によるギャラリートーク
4月9日(水)、5月4日(日・祝)/いずれも14:00より
(「池田満寿夫 知られざる全貌」展のギャラリートーク終了後引き続いて行います。)

同時開催

「池田満寿夫 知られざる全貌」
7階展示室にて


  ページトップへ