千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



池田満寿夫 知られざる全貌



会期 2008年4月5日(土)〜5月18日(日)
※本展は終了いたしました。






20世紀後半の日本を自由奔放に駆け抜けながら、その溢れる才能を幅広い分野でいかんなく発揮した池田満寿夫(1934〜97)が急逝して2008年3月で11年が経ちます。ニューヨーク近代美術館での日本人初の個展(1965年)やベネチア・ビエンナーレ展での国際版画大賞受賞(1966年)など、版画家として早熟の才を発揮し、また、1977年には小説『エーゲ海に捧ぐ』で芥川賞を受賞し、翌年にはその映画化に際し自らメガホンを取ったことはよく知られています。版画家、画家、挿絵画家、彫刻家、芥川賞作家、エッセイスト、浮世絵研究家、脚本家、映画監督、TVタレント、陶芸作家など、さまざまな肩書きを持つ池田ですが、晩年の彼が陶芸制作に没頭したことはあまり知られていません。

版画家として高く評価されているものの、残された作品の数では、版画約1000点に対して陶芸作品は3000点以上にのぼります。陶芸を始めて以降は、版画でも琳派などの日本の古典に触発された作品が制作されたほか、陶芸作品の代表作として〈般若心経〉シリーズが制作されました。
本展は、油彩、水彩、コラージュ、版画、彫刻、陶芸、書など、多岐にわたる池田の制作活動の振幅を、新発見や未発表の作品、資料を含めながら紹介し、つねに時代の先端を突き進んだ稀有な芸術家の知られざる全貌を再評価しようとするものです。

 主 催
 協 力



《少女の横顔》 油彩、カンヴァス 1952年
池田満寿夫美術館蔵




《愛の瞬間》 ドライポイント
1966年(第33回ベネチア・ビエンナーレ展大賞)




《宗達讃歌(天)》 リトグラフ 4曲1隻屏風 1985年




《佛塔14》 陶 1994年 パラミタミュージアム蔵





《心経碗》 陶 1994年 (117点)


ご案内
観覧料

一  般  800円(640円)
大学・高校生  560円(450円)
中・小学生 無料
※( )内は団体30人以上・前売料金および千葉市内在住60才以上の方
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(3月28日まで)、千葉都市モノレール
 「千葉みなと駅」「千葉駅」 「都賀駅」「千城台駅」の窓口(5月18日まで)にて販売

開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

4月7日(月)、5月7日(水)

関 連

佐藤陽子トーク&ミニコンサート
4月19日(土)/14:00より(開場は30分前)/1階さや堂ホールにて
定員150名
入場無料/展覧会チケット(招待券不可)の半券をご提示下さい。
 往復はがきにてお申し込み下さい。
〆切は4月10日(当日消印有効) 詳しくはこちら


記念講演会・対談
4月29日(火・祝)/14:00より/11階講堂にて/聴講無料
 第一部:「池田満寿夫の誕生と成功」
 【講師】黒川公二(佐倉市立美術館学芸員)
 第二部:「版画友の会と池田満寿夫」
 【講師】魚津章夫(元プリントアート代表)
 対談:「池田満寿夫の版画を語る」 黒川光二・魚津章夫


映画上映会「美しさと哀しみと」
4月20日(日)、5月3日(土・祝)/いずれも14:00より/11階講堂にて
先着150名/入場無料


担当学芸員によるギャラリートーク 
4月9日(水)、5月4日(日・祝)/いずれも14:00より

ボランティアスタッフによるギャラリートーク
会期中の毎週水曜日(4月9日を除く)と5月8日(木)/いずれも14:00より

pointspace展覧会カタログ  
同時開催

「満寿夫・マスオ・MASUOー『池田満寿夫』理解のための三章ー」
 ※本展チケットでご覧いただけます。


  ページトップへ