千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



1970年代の美術
―「文 承根+八木 正 1973-83の仕事」展 理解のために―



会期 2007年9月23日(日)〜11月4日(日)
※本展は終了いたしました。




高松次郎《錆びた大地》 1977年

福島敬恭《無題(1)》 1979年

(いずれも千葉市美術館蔵) 


1970年代の美術については、その展開を包括的に見直す機会に乏しく、今日、その実作に触れる機会も多いとは言えません。むしろ、それ以後の美術作品の方が各地の美術館で眼にすることが多くなっています。
本展は、「文 承根+八木 正 1973-83の仕事」展開催にあわせ、文承根と八木正の二人が活動した1970年代の美術の動向について、当館の所蔵作品を中心に御紹介するものです。


主な出品作家(生年順)


村岡三郎(1928生),若林奮(1936-2003),李禹煥(1936生),福嶋敬恭(1940生),
狗巻賢二(1943生),小清水漸(1944生),沢居曜子(1949生)


出品リスト(45KB)


ご案内
観覧料

一  般  200円(160円)
大学・高校生  150円(120円)
※ 中・小学生および「文 承根+八木 正 1973-83の仕事」展入場者は無料(当日限り)
※10月18日(木)・20日(土)・21日(日)は市民の日のため無料

※( )内は団体30人以上および市内在住60才以上

開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(10月1日)

関 連

担当学芸員によるギャラリートーク 
9月24日(月)、26日(水)、30日(日)/11:00より

会期中の催し

コレクション理解のための市民美術講座
9月29日(土)/14:00より
10月27日(土)/14:00より

同時開催

文 承根+八木 正 1973-83の仕事


  ページトップへ