千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



竹久夢二展
−描くことが生きること−


会期 2007年1月20日(土)〜2月25日(日)
※本展は終了いたしました。



 メランコリックな女性像や愛くるしい童画、斬新なデザインなどで知られる竹久夢二(1884〜1934)は、没後70年あまりを経た今もなお高い人気を持ち続けています。現代にも通じる作品そのものの魅力もさることながら、印刷媒体によりイメージを流布させた作家としてのありかたや、同時代の若者たちへの影響力の強さなど、その存在は近代にあって誠に希有であり、芸術家としての評価は近年ますます高まっています。

 この展覧会は、竹久夢二の代表作を集め、その全体像を改めて探ろうとするものです。夢二の芸術家としての生涯を投稿家時代(1905〜09年)から晩期(1930年代)までの五期に分け、それぞれの時代ごとに、肉筆画を中心に版画・装幀本などもあわせて展示し、作風の変遷を辿ります。

 「夢二式美人」を創始した夢二、弱きものに共感を寄せる社会派としての夢二、「夢二学校」のカリスマとしての夢二、デザイナーとしての夢二、詩人あるいは文章家としての夢二など、約350点の作品から多才な芸術家竹久夢二を検証します。

主催:夢二郷土美術館・千葉市美術館・和歌山県立近代美術館



〈立田姫〉 昭和6年(1931年)/紙本着色二曲一隻/夢二郷土美術館蔵


     
『蝕める花』(北川千代子著) 昭和2年(1927年)/
装幀本/竹久夢二美術館蔵


  
  〈千代紙 いちご〉  大正3-4年(1914-15年)/
  木版多色摺/個人蔵

〈草に憩う女〉 大正初期/絹本着色一幅/静岡市蔵

〈舞姫〉 大正7年(1918年)/紙本着色一幅/個人蔵


ご案内
観覧料

一  般  800円(640円)
大学・高校生  560円(450円)
※( )内は前売および団体30名様以上
※前売券はJR東日本の主な窓口・びゅうプラザ、千葉市美術館ミュージアムショップにて販売

開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

第1月曜日(2月5日)

同時開催 鈴木鵞湖 ー幕末に活躍した郷土の画家ー
※「竹久夢二展」のチケットをお持ちの方は無料でご覧いただけます。
関 連 講演会「社会主義思想と竹久夢二との接近」
2007年1月21日(日)/14:00より/11階講堂にて 聴講無料

アンティーク着物によるファッションショー「夢コレ」
2月10日(土)/15:00〜、16:00〜
/11階講堂にて 観覧無料
※「夢コレ」モデルさん10名も募集中! ※申込締め切りました。

スライドトーク「デザイナーが見た夢二」
2月12日(月・祝)/14:00より/11階講堂にて 聴講無料

立ち寄りワークショップ「皆とや絵草紙店」
1月28日(日)、2月4日(日)、11日(日)/13:00〜15:30/
1階美術館エントランス付近にて 参加無料


ギャラリートーク

毎週水曜日、1月26日(金)、2月9日(金)、2月23日(金)
/14:00より
1 展覧会カタログ

  ページトップへ