千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



〜東海道・木曾街道〜
広重 二大街道浮世絵展


会期 2006年9月5日(火)― 10月9日(月・祝)
※本展は終了いたしました。




江戸時代後期の浮世絵師、歌川広重(1797−1858)の風景画は、日本のみならず海外でも高い人気を誇っており、中でも、東海道の風景を描いた保永堂版「東海道五拾三次」は、誰もがその名を知っているほどの浮世絵の代表作です。

一方、「東海道」に続いて刊行された、中山道を描く「木曾街道六十九次」には、風景画の最高傑作とされる「洗馬」など広重の代表作が多く含まれているにもかかわらず、初摺の全作品が揃って展覧されることはほとんどありませんでした。このたび、奇蹟的に優秀な初摺の「木曾街道六十九次」の全揃いがアメリカで発見され、日本にもたらされました。これまで発見されなかった英泉の落款入り作品2点、また、世界で数点しか確認されていない幻の「雨の中津川」も含む、大変貴重な初摺完品の揃いです。

本展覧会は、広重の二大街道浮世絵の初摺の完品を初めて同時に紹介するものです。加えて、「江戸近郊八景」「近江八景」などもあわせて展示し、広重の風景画の傑作をトータルに堪能できる貴重な機会となります。さらに、広重の文章まで書かれた旅行絵日記としては、唯一現存する「甲州日記写生帳」を特別出品いたします。この日記は、明治中期ごろにイギリスに渡ってから一度も帰国しなかったもので、今回、アメリカの所蔵者の特別の好意で、およそ110年ぶりに里帰りを果たし、皆様の展覧に供する運びとなりました。

広重の風景画を通して、旅行く人と自然が織りなす情景に浸り、日本の風土の持つ魅力をあらためて見つめ直していただければ幸いです。

 


 
歌川広重「東海道五拾三次之内 蒲原」   歌川広重「木曾海道六拾九次之内 洗馬」
 
渓斎英泉「岐蘇路ノ駅 本庄宿」   歌川広重「木曾海道六拾九次之内 中津川」
   
歌川広重『甲州日記写生帳』より「甲州御獄道外道ノ原」    


ご案内
観覧料 一  般  800円(640円)
大学・高校生  560円(450円)
*( )内は前売および団体30名様以上
開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日 第1月曜日(10月2日)
同時開催 千葉大学附属図書館亥鼻分館所蔵 浮世絵に見る薬と病い
※「広重 二大街道浮世絵展」展のチケットをお持ちの方は無料でご覧になれます。
会期中の催し 広重日曜講座 講演&ギャラリートーク
   9月17日(日)、9月24日(日)、10月8日(日)
   いずれも14時〜15時30分
詳しくはこちら


広重土曜寄席  7階展示室内にて
   9月16日(土)    瀧川鯉昇
   9月23日(土・祝) 三遊亭鳳楽
   9月30日(土)   林家彦いち
   10月7日(土)   三遊亭歌る多
   いずれも18時〜19時
詳しくはこちら


美術館ボランティアスタッフによるギャラリートーク
   毎週水曜日14時から
詳しくはこちら
関 連 pointspace展覧会カタログ

  ページトップへ