千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



千葉大学附属図書館亥鼻分館所蔵
浮世絵に見ると薬と病い


会期 2006年9月2日(土)― 10月29日(日)
※本展は終了いたしました。


「病い」はいつの時代においても人々の恐怖の対象でした。それは死へとつながる場合があったからです。しかし、時代がたつと、その「病い」を克服する「薬」を人間が作り出していきました。しかしそれは、かなり高価なものでもあり、そこに「呪い(まじない)」や神仏への信仰が行われる余地があったのです。

江戸時代には、医術も前時代よりはかなり進歩し、「病い」に対する「薬」も多く出まわりました。「薬屋」という商売が成り立ったのもこの時代からと思われます。そこで、「宣伝」が必要になったのか、当時広く庶民の間に求められた「浮世絵」や「瓦版」が薬の宣伝に利用されています。

千葉大学附属図書館亥鼻分館には、往時に医学部で集められた、そのような「医事資料」が収蔵されています。そこで今回その一部を公開し、江戸時代の庶民の「健康観」を紹介いたします。


展示構成
(1)病い
(2)治療
(3)懐妊・育児
(4)薬
(5)信仰
(6)社会不安
(7)医学書
浮世絵版画・医学書など 55点を展示。

監   修  樋口誠太郎(日本医史学会評議員)
特別協力  千葉大学附属図書館亥鼻分館


 
小田野直武写『解体新書』   歌川国芳「よき事をきくみみづくや花の春」疱瘡絵
 
五雲亭貞秀「痘瘡、麻疹、水痘」   一寫ヨ芳幾「東京日々新聞851号(戦死した弟の幽霊)」
   
菅原誠意『婦人臓図』    


ご案内
観覧料 一  般  200円(160円)
大学・高校生  150円(120円)
小・中学生 無料
※( )内は団体30名様以上
※「広重 二大街道浮世絵展」観覧券をお持ちの方は無料
開館時間 10:00-18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日 第1月曜日(9月4日、10月2日)
同時開催 〜東海道・木曾街道〜 広重 二大街道浮世絵展
※企画展につき別料金になります。

美術館ボランティアが選ぶ 千葉市美術館コレクション
※同時開催中は、ひとつの観覧券で両方ご覧いただけます。
関連 ギャラリートーク
毎週水曜日(10月11日以外) 15時より
9月16日(土),30日(土)、10月11日(水)  14時より

  ページトップへ