千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



江戸絵画のたのしみ


会期 2005年10月25日(火)―12月4日(日)
※本展は終了いたしました。



渡辺秀詮《虎図》


千葉市美術館は、この秋で開館10周年を迎えます。
当館では江戸時代の絵画と版画の収集と紹介を活動の一つの柱としております。全国の公立美術館の中でも珍しいこの特色を生かし、開館以来、この分野の大規模な企画展や所蔵作品を中心としたテーマ展を数多く開催してまいりました。このたびの開館10周年記念特別展である「ミラノ展」もそうした活動の縁によって開催の運びとなったものです。そこで同時開催として、千葉市美術館の江戸時代の絵画のコレクションと、近年新たにご寄託を受けた作品の一部をご紹介する展覧会を企画いたしました。

「筆墨の技を味わう」「愉快な動物たち」「身の回りの小さな情景を描く」「月光に心を研ぎ澄ます」など、いくつかのテーマによるコーナーを設け、画家の流派や制作時期にとらわれずにたのしくご覧いただけるように構成してみました。ローマ帝国時代以来の幅広いイタリア美術に触れた後、本邦の絵画の肩肘張らないささやかな世界に心遊ばせていただければ幸いです。


出品リスト




 
池大雅《柳渓渡渉図》   伊藤若冲《鸚鵡図》

森一鳳《象図》


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 無料
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  ミラノ展 −都市の芸術と歴史−

  ページトップへ