千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



写楽・歌麿と黄金期の浮世絵


会期 2005年9月3日(土)―10月16日(日)
※本展は終了いたしました。



天明・寛政期(1781-1801)は、浮世絵の黄金期ともいわれています。多色摺の美しい木版画である錦絵が急速に発達し、普及したこの時期には鳥居清長、東洲斎写楽、喜多川歌麿といった優れた浮世絵師たちが活躍し、狂歌などの近世文学とも深く関わりながら華やかで豊かな表現が展開されます。天明・寛政期に活躍した浮世絵師の肉筆画、版画、絵入版本の名品を中心に、浮世絵黄金期の全貌と魅力をお楽しみいただきます。

千葉市美術館の所蔵品を中心にした約100点の作品で構成いたします。




 
歌川豊国〈七代目片岡仁左衛門の伊予の太郎〉
大判錦絵 天明4年(1784)頃
  鳥居清長〈美南見十二候 九月〉
大判錦絵 寛政8年(1796)

喜多川歌麿〈納涼美人図〉
絹本着色 一幅 寛政期(1789-1801)


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 100円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
同時開催 青木コレクションによる幕末明治の浮世絵

  ページトップへ