千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



伝説の浮世絵開祖
岩佐又兵衛
人は彼を「うきよ又兵衛」と呼んだ−。


会期 2004年10月9日(土)―11月23日(火・祝)
※本展は終了いたしました。



岩佐又兵衛(1578〜1650)の名をご存知でしょうか?かつて、江戸時代初期の優れた風俗画はみなこの人の作と名付けられ、「浮世絵の開祖」ともいわれていた伝説的画人です。「浮世又兵衛」と呼ばれた謎多きこの絵師の実像を求めて新聞紙上まで賑わせる大論争が巻き起こったり、渦中の絵巻物の展覧会には大行列ができた……明治後期以来のこうした顛末もまた一種の伝説のように語られていく現在、かつての熱気が信じられないほど、残念ながら一般に知る人も少なくなっているようです。しかし、是非一度絵を見てみてください。豊かな頬、長い顎、芝居がかった大仰な仕草や熱っぽい姿の群衆、人物を描く流暢なそれでいて画面に食い込むように強靱な線。一度見ると忘れられない強烈な印象を残す彼独特の作風は、当時一世を風靡し、のちの絵画に大きな影響を与えました。

千葉市美術館では、開館以来、江戸時代絵画、特に浮世絵派の収集と紹介を活動の一つの柱としてまいりました。本展は、その元祖とされ江戸時代以来それほどまでに大きな存在であった「浮世又兵衛」とは何だったのか、岩佐又兵衛の功績について伝説化の様相も視野に入れつつ、約100点の作品によりご紹介するものです。かつて多くの人々を圧倒してきた妖しい魅力をたっぷりとご堪能いただき、これに取り憑かれた人々の営みにも思いめぐらしていただければ幸いです。




 
《三十六歌仙図額》(重要文化財)
川越・仙波東照宮
  《人麿・貫之図》(重要文化財)
MOA美術館蔵

《伊勢物語・梓弓図》
文化庁蔵

《小栗判官絵巻》第2巻
宮内庁三の丸尚蔵館蔵

《浄瑠璃物語絵巻》第4巻(重要文化財)
MOA美術館蔵


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  平成16年9月7日[火]−11月23日[火・祝]
  モノクローム絵画の魅力 桑山忠明・村上友晴を中心に
  展覧会カタログ

  ページトップへ