千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



モノクローム絵画の魅力
桑山忠明・村上友晴を中心に


会期 2004年9月7日(火)―11月23日(火・祝)
※本展は終了いたしました。



桑山忠明《Silver》1974年


モノクローム絵画とは、単一の色彩が塗られているだけで何も描かれていない、非常にシンプルな絵画です。現代美術に馴染みのない方にとっては、描くこと自体を拒絶した挑発的な作品に写るかもしれません。

周知のように、20世紀絵画は抽象化の道を歩んできました。それにより、絵画はイメージを表象する窓としての役割を弱めるとともに、絵具が塗られたカンヴァスそのものとして存在するようになっていきます。この物質そのものとなった絵画の極限的終着点こそモノクローム絵画なのです。それらは一切イメージを表象する事なく、表面の質感と色彩だけが表現のすべてとなります。ラウシェンバーグ、クライン、マンゾーニ、ライマンをはじめ、1950〜60年代にかけてモノクローム絵画は欧米で流行しますが、少し遅れて日本でもこの手法を試みる画家たちが現れました。本展は、モノクローム絵画の多様性と魅力を探るために、千葉市美術館のコレクションから、桑山忠明、村上友晴ら日本人作家の作品約20点を選りすぐり展示いたします。

モノクローム絵画は一見すると無表情で個性を欠いていますが、作家ごとに様々な異なる意図により描かれており、実に多彩で豊かな表情を見せてくれます。例えばメタリックな光沢をもつ桑山忠明の作品と、引き込まれるような深い黒色で描かれた村上友晴のそれでは、同じモノクローム絵画でも全く異なる性質を持つことがご理解いただけると思います。




村上友晴《UNTITLED》1980-82年

◆出品予定作家
 桑山忠明、村上友晴、吉永裕、山田正亮、小林正人    約20点


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 100円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  日本の版画 1931-1940展(10月3日まで)
  岩佐又兵衛展(10月9日−11月23日)

  ページトップへ