千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



日本の版画・ 1931-1940
棟方志功登場


会期 2004年8月31日(火)―10月3日(日)
※本展は終了いたしました。



1920年代に版画誌や技法書、展覧会などを介して作り手を増やし、全国に「版画熱」を波及させた日本の版画は、1930年代、戦争への傾斜とともにその様相を変えてゆきました。版画ブームの余韻も未だ濃く、ついに海外での展覧会を実現させた華やかな30年代の前半から、版画誌がひとつひとつ姿を消し、作家たちの多くが彫刻刀を手放した後半へと、わずか10年の間に状況は一変したのです。 そうしたなかで、時代を超えて鮮烈な輪郭を結ぶ何人かのスターが現れました。例えばそれは、幻想的な物語絵を紡いだ谷中安規であり、痛々しいほどに鋭敏な感性で都市を刻んだ藤牧義夫でした。そして版木に潜む魂を抉り出すような作で、衝撃的なデビューを果たしたのがかの棟方志功でした。また美しい版画本や詩画集を世に問い、時代へのささやかな抵抗を試みた出版人たち―版画荘の平井博やアオイ書房の志茂太郎らの存在も忘れてはなりません。

本展では、約300点の作品を集めて1931 (昭和6)年から1940(昭和15)年の日本版画を概観し、版画にとってこの時代がいかなるものであったかを検証します。作家たちの迷いや揺れをも含め、今日の私たちに示唆するものは大きいと考えます。なおこの展覧会は、1997年以来千葉市美術館で開催しておりますシリーズ展「日本の版画」の第四弾でもあります。




 
棟方志功《勝鬘譜善知鳥版画曼荼羅》
1938年 青森県蔵
  川西英《舞踏》
1937年 千葉市美術館蔵

 
奥山儀八郎《丸ビルニッケ水泳着》
1938年
京都工芸繊維大学美術工芸資料館蔵 AN3764
  恩地孝四郎《海》
1937年 (財)大川美術館蔵

渡辺幾春《昭和美女姿競》より
名古屋市美術館蔵

◆会期中展示替を行います
◆主な出品作家
 畦地梅太郎・石渡江逸・織田一磨・小野忠重・恩地孝四郎・川上澄生・川西英・北脇昇・
 河野鷹思・駒井哲郎・斎藤清・ポール・ジャクレー・谷中安規・徳力富吉郎・平塚運一・
 藤牧義夫・ワルワーラ・ブブノワ ・前川千帆・棟方志功・安井曾太郎 ほか


ご案内
観覧料 一 般   :800円
大学・高校生:560円
中学・小学生:240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  2004年年9月7日[火]−11月23日[火]
  モノクローム絵画の魅力 桑山忠明・村上友晴を中心に
  展覧会カタログ

  ページトップへ