千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



おわりははじまり
円をめぐる6つのおはなし


会期 2004年7月17日(土)―8月22日(日)
※本展は終了いたしました。



「円」ときいて、まず思い浮かべるのは、永遠に続いてゆく穏やかな世界、それとも、見る人の目を惑わす力強い渦巻き模様でしょうか。穏やかに、美しく完結するイメージがある一方で、はじまりも終わりもない円環構造には、はかり知れない不気味さがあり、私たちを不安な気持ちにさせます。日常あらゆる場面で目にする身近なかたち、表現者にとっては最も基本的な造形モチーフの1つであり、そこに様々な性格を見いだし、意味や象徴を担わせることができるのも、「円」の持つ魅力や面白さといえるでしょう。

本展覧会では、ほぼ同時開催の「藍と暮らす人々 トン族・ミャオ族・タイ族 太陽と精霊の布 中国・東南アジア少数民族の染織」が太陽紋や渦巻きが特徴的な中国少数民族の衣装紹介するのに合わせて、当館の所蔵作品を中心に、「円」をテーマに6部構成の展示を行います。

小中学校の夏休みにあわせて開催されるこの展覧会は、美術館にあまり親しみのない若い来館者のための企画です。会期中、美術館と作品に親しむための様々な関連行事を行います。また、千葉市内の中学校と連携したプログラムにも取り組みます。




新井淳一 《渦》 1998年 作家蔵



◆主な展示作品
    新井淳一      《渦》1998年
    駒井哲朗      《フューグ・ソムナンビュール(夢遊病者のフーガ)》1952年
    草間彌生      《星雲》《銀河》1990年
    諏訪直樹      《In Circle No.2》1977年
    野村仁       《ムーン・スコア》1980-84年
    西村陽平      《穏やかな癒し》1998-2000年
    リチャード・ロング 《水石の輪》1996年
    内藤礼       《Namenlos/Licht》1996年


ご案内
観覧料 一 般   :200円
大学・高校生:150円
中学・小学生:無料
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  太陽と精霊の布展(7月13日−8月29日)
  入場の方は無料となります。
  展覧会カタログ

  ページトップへ