千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



Dan Graham by Dan Graham
ダン・グレアムによるダン・グレアム展


会期 2003年12月2日(火)―2004年2月1日(日)
※本展は終了いたしました。



1965年にアーティストとして活動を開始して以来、ダン・グレアムは常に時代の最先端を走り続けてきました。狭義のアートの枠組みに収まりきれない個性的な彼の作品は、欧米を中心に、近年高い評価を得ています。

60年代中頃、まだコンセプチュアル・アート(概念芸術)という用語すら知られていなかった時代に、雑誌等の印刷メディアを通して、同ムーヴメントの先駆けとなる言葉や図表を用いた作品を発表しました。70年代、多くのアーティストたちが、パフォーマンスをはじめとする自らの作品をフィルムやビデオに記録するなかで、グレアムはフィルムやビデオを単に記録媒体として用いるのではなく、ハーフ・ミラーや鏡と組み合わせ、独特の視覚体験をもたらすインスタレーションを生み出しました。

このハーフ・ミラーと鏡を用いたインスタレーションは、彼の建築への強い興味と一体になり、80年代初頭にはパヴィリオン/彫刻という彼独自の芸術スタイルへと発展しました。ミニマル彫刻として外部から鑑賞できるだけでなく、建物として内部に入ることも出来るこれらのパヴィリオンは、光の状態次第で鏡面状にも透明なガラスにもなるハーフ・ミラーの働きにより、実に多様で豊かな表情を見せてくれます。

「ダン・グレアムによるダン・グレアム」展は、そのタイトルが示すとおり、作家自身の意向が強く反映された展覧会です。最初期の作品から新作に至るこのアメリカ人作家の40年に及ぶ歩みが単に一望できるだけでなく、随所にグレアムならではのアイディアが盛り込まれます。




 
二重露光
1995
  ハート型のパヴィリオン
1991


公共スペース/二つの観衆
1976


ご案内
観覧料 一 般 1,000円
大高生 700円
小学生・中学生 300円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 展覧会カタログ
企画協力 ギャラリー・シマダ

  ページトップへ