千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



夢二・深水と大正の女たち


会期 2003年7月8日(火)―8月10日(日)
※本展は終了いたしました。



大正期(1912-1926)の美術を通観する時、それらが僅か15年程の間に生み出されたとはにはかに実感できないほど、多様で豊かな表現が行われていることに驚かされます。とりわけ個性的であることが好まれ、伝統を重く受け止める一方で、既成の様式にとらわれない新しい感覚が集中して表出された点で、大変ユニークな展開のあった時代でもあります。平成15年目の現在、その時間感覚を共有する我々の眼に、大正期の表現はどのような密度をもって映るのでしょうか。

今回は大正期の女性像に焦点を絞り、時代の息吹に活性化した表現の多様性をご覧いただきます。大正ロマンを代表する個性派竹久夢二(1884-1934)と、浮世絵以来の伝統木版を新時代にふさわしい鮮烈な美人画として発表した伊東深水(1898-1972)など、同時期に活躍した作家の作品を通して、この時代の豊潤な女性表現の魅力を探ります。




 
横尾芳月
和蘭陀土産(大正15年)
  竹久夢二
七夕(大正15年)


伊東深水
対鏡(大正4年)


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 無料
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 同時開催
  2003年アートの旅

  ページトップへ