千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



ホノルル美術館所蔵 浮世絵風景画名品展


会期 2003年4月8日(火)―5月11日(日)
※本展は終了いたしました。




浮世絵において、江戸の名所など風景を描くことは古くから行われていましたが、江戸時代後期になると風景画の重要度は次第に高まり、文化・文政期(1804〜1830)の準備期間を経て、天保期(1830〜1844)には美人画と役者絵に次ぐ第三の画題に浮上します。そのことにもっとも功績のあった浮世絵師は、葛飾北斎と歌川広重であり、二人の代表作である「富嶽三十六景」と保永堂版「東海道五拾三次」が、風景画を完成させた象徴的作品であります。しかし、北斎・広重以外にも同時期に多くの浮世絵師が、趣向をこらした風景画を版行、風景画革新競争の観を呈し、一大ブームを巻き起こしました。

本展では、その天保前期の風景画を中心に、前後の時代の作品も含め、浮世絵風景画の黄金期の代表作を、五部構成でご覧いただくものです。質量とも世界一級のホノルル美術館のコレクションでなくては望むべくもない豊かな内容の展覧会となりました。。




 
富嶽三十六景・凱風快晴
葛飾 北斎 (前期)
  東海道五拾三次・庄野
歌川 広重(後期)

 
下総銚子浦鰹釣舟之図
昇亭 北寿 (前期)
  東海道五拾三駅五宿名所・由井〜鞠子
歌川 国芳(後期)

出品点数  : 300点 ※前期・後期は作品が全部替わります。
               前期:150点 4月8日(火)〜4月27日(日)
               後期:150点 4月29日(火・祝)〜5月11日(日)


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 展覧会カタログ
主 催 千葉市美術館 産経新聞社
後 援 アメリカ大使館
協 力 日本航空
監 修 学習院大学教授・千葉市美術館館長 小林 忠

  ページトップへ