千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



20世紀版画の巨匠
浜口陽三展


会期 2002年11月2日(土)〜12月23日(月・祝)
※本展は終了いたしました。



17のさくらんぼ
1968年


浜口陽三は1909年(明治42年)和歌山県に生まれ、5歳から12歳までを千葉県銚子に過ごしました。のち東京美術学校彫刻科に入学、中退して1930年(昭和5年)フランスに渡り、独学で油彩、銅版画を学びました。第二次世界大戦後、銅版画の制作を本格的に始め、過去のものとなっていた技法メゾチントに、色彩を導入することで独自の世界を確立しました。

メゾチントは17世紀に発明されたもので、ベルソーという器具を使って画面全体に点刻線を縦横に規則正しく作り、そのささくれた素地を取り除くことによって表現する技法です。インクを銅版にひいて刷れば、ささくれが残ったところは黒くなり、ささくれを取り除いたところは白くなります。そのささくれをゆっくり丁寧に削ることによって黒から白までの微妙な階調を得ることができる技法です。

浜口は、19世紀の石版画の発明や写真製版の登場によって忘れ去られたこの技法に、独自の工夫によって透明感や軽さを与え、さらには色彩を導入することによって、幻想的な表現を生み出すことに成功しました。西欧において生み出され歴史の片隅に追いやられていたこの技法を、20世紀の新しい表現として甦らせた功績は、1957年にサンパウロ・ビエンナーレで日本人として最初に版画大賞を受賞し、東京、ルガノ、ヴェネチア、リュブリアナ、クラコウなどの国際展で多くの受賞を重ねたことによっても認められています。

本展覧会では、国立国際美術館の所蔵作品を中心に、初期のモノクローム作品から代表的なカラー・メゾチント作品に加えて、2000年12月に惜しくも亡くなられたその浜口陽三氏が手元に残していたパステル・素描など今回はじめて公開される作品を含め、浜口が築き上げた幽玄的とも言える独自の世界を紹介いたします。




 
ジプシー
1954年
  ぶどう
1978年

 
壺ととうがらし
1955年
  ざくろ
1978年


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
11/4, 12/23は祝日のため開館。11/5は休館
関 連 展覧会カタログ

  ページトップへ