千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



千葉市美術館所蔵作品展3
円山応挙
−近代日本画の源流−/現代の造形


会期 2002年9月3日(火)〜平成14年10月14日(月・祝)
※本展は終了いたしました。



横山華山/天橋立富士三保松原図(うち左隻)


円山応挙(1733〜1795)は江戸時代中期の画家で、京都で活躍しました。眼鏡絵として伝わった透視遠近法を取り入れ、写生を生かした、親しみやすく写実的な画風は弟子達に受けつがれ、近代日本画の基礎となりました。修理を行った旧円満院雪之間襖絵19面を中心に円山応挙の作品を展示し、合わせて同時代の岸派の作品、円山応挙の弟子達が挿絵を描いた版本、応挙の流れを汲む近代日本画も展示します。又展示室の1室を現代美術に当て、初公開の現代彫刻などを展示します。




  
円山応挙/山水図(円満院旧蔵)

 
円山応挙/鯉図
( 群鳥・別離・鯉図より)
  鈴木治/一本ノ木
 
伊藤若冲/藤図
( 『賞春芳帖』より)
  土谷武/SR24の試み


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 100円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
9/16, 23, 10/14は祝日のため開館。翌火曜日休館日
関 連 同時開催
  青春の浮世絵師 鈴木春信ー江戸のカラリスト登場ー

  ページトップへ