千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



高村光雲とその時代展


会期 2002年7月16日(火)〜8月25日(日)
※本展は終了いたしました。



老猿/高村光雲


高村光雲(1852-1934)は、幕末の江戸下谷に生まれ、1863年から11年間、仏師・高村東雲のもとで修行し、木彫の世界に入りました。幕末から明治初期にかけて、彫刻会では輸出用の象牙彫刻が大流行し、伝統的な木彫は衰える一方でした。その風潮にあって光雲は木彫に専念し、しだいに木彫家として知られるようになりました。
1887年には当時造営中であった皇居・化粧の間の装飾彫刻を担当し、89年からは東京美術学校に勤務して翌年には教授に就任、帝室技芸員にも推挙されています。美術学校時代にはシカゴ万博に《老猿》(1893)を出品するほか、《西郷隆盛像》(1898/銅像)、《楠木正成像》(1900/銅像)の制作に中心的な役割を果たしています。このような活動によって、江戸時代までの伝統的な木彫技術と西洋の彫刻表現の融合をこころみることで写実的な近代日本の新しい彫刻表現を開拓し、パイオニアとしての地位を固めました。

光雲の門下からは山崎朝雲・米原雲海・平櫛田中など多くの優れた木彫家たちが輩出し、また彼の長男・光太郎は彫刻家としてだけではなく近代日本文学に大きな位置を占める詩人でもあります。光雲の存在抜きではわが国の近代彫刻氏を語ることはできません。
本展覧会は、高村光雲の代表作約80点と、その門人や関連作家の作品約40点によって、光雲が果たした役割と後世に与えた影響について紹介する、初の本格的な展覧会です。




 
鳩/高村光雲   竹取翁/米原米海

 
洋犬の首/高村光雲   冬眠/佐藤朝山

鞠に遊ぶ狆/高村光雲


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
関 連 展覧会カタログ

  ページトップへ