千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



 アンジェ美術館展
−ロココ絵画の華


会期 2002年6月8日(土)-7月14日(日)
※本展は終了いたしました。



ジャン=オノレ・フラゴナール
ケファロスとプロクリス


アンジェ美術館とは?

アンジェは、フランス中西部、ロワール河畔に位置する美しい都市です。この街の中心には、中世の城塞が勇姿を誇り、紀元前より交通および戦略上の要衝として栄えた古都の歴史を物語ります。

アンジェに美術館が創設された時代は古く、フランス革命期にまで遡ります。「アンジェ美術館」は、ルーブル美術館等と並び、フランスにおいて最初期に創設された美術館の一つなのです。アンジェの貴族ピエール=ルイ・エヴェイヤール・ド・リヴォワ侯爵(1736-90)が蒐集した華やかな絵画コレクションを核に出発した美術館は、その後フランス政府からの寄託や、コレクターからの寄贈、アンジェ市による購入を通して、今日の豊かなコレクションを築き上げました。

展覧会のみどころ−華麗なるロココ絵画の世界

本展は、「アンジェ美術館」の増改築に伴う一時閉館に際し、同館が所蔵する17世紀から19世紀にかけてのヨーロッパ美術の名品を選りすぐり、紹介するものです。

展覧会の中核となるのは、リヴォワ侯爵が蒐集した、ワトー、フラゴナール、グルーズ、シャルダンをはじめとする、18世紀フランスのロココ絵画です。(この優雅な様式は、ポンパドゥール侯爵婦人らが活躍したブルボン王朝期(ルイ14世末期〜15世)に、フランスの貴族たちのあいだで流行しました。)なかでも、貴族たちが戸外で集う情景を描いた、ワトーとその周辺の画家たちによる「雅宴画(フェット・ギャラント)」が、展覧会の大きな見どころと言えるでしょう。夢と現実が一つに響き合う美しく詩的な世界は、18世紀フランス宮廷文化の精華を伝えてくれます。さらに、フラゴナールの初期の代表作《ケファロスとプロクリス》も、ロココの優美さを示す典型的な作品として見逃せません。

ロココ絵画以外にも、「アンジェ美術館展」にはいくつか見どころがあります。新古典主義の雄アングルや、ジロデ、ジェラールをはじめ、18世紀末から19世紀にかけてサロンで活躍した画家たちの作品が、多数出品されます。また、18世紀ヨーロッパ最大の装飾画家と称されるティエポロや、ロレンツォ・リッピ、カノーヴァの作品をおさめたイタリア美術に加え、17世紀の北方絵画なども出品されます。

200年の伝統を誇る「アンジェ美術館」のコレクションを日本で初公開する本展は、これまで紹介される機会の少なかったロココ絵画を中心にヨーロッパ美術の大きな流れを展観できる、またとない機会となるでしょう。




 
ャン・オーギュスト・ドミニク・アングル
パオロとフランチェスカ
  ジャン・アントワーヌ・ワトー
待ちうけられる愛の宣言

 
ロレンツォ・リッピ
偽りのアレゴリー
  ジャン・バティスト・グルーズ
ポルサン婦人の肖像


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
主 催 千葉市美術館 読売新聞社 美術館連絡協議会
後 援 フランス大使館
協 賛 花王株式会社
協 力 日本航空
関 連 展覧会カタログ

  ページトップへ