千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



  平成13年度千葉市美術館所蔵作品展IV
実験工房の作家たち


会期 2001年11月13日(火)〜2002年1月20日(日)
※本展は終了いたしました。



触る日の軌跡/北代省三


千葉市美術館は1990年以来、(1) 房総ゆかりの作家・作品、(2) 近世・近代の日本の絵画・版画、(3) 現代美術の3つの方針のもと、収集を進めております。

今回紹介するグループ「実験工房」は1950年代前半主に活動していました。ジャンルは造形部門と音楽部門に大きく分けることができます。造形部門には大辻清司(1923生)、北代省三(1921-2001)、駒井哲郎(1920-73)、福島秀子(1927-97)、山口勝弘(1928生)といった美術家たちが、また音楽部門には武満徹(1930-96)や湯浅譲二(1929生)といった作曲家たちが参加しています。当館ではこの造形部門に関わった美術家たちをわが国の戦後美術のパイオニアとして位置付け、折にふれて作品の収集を行っております。

同時期に関西で活躍していた集団に「具体」があります。この集団の個性が大阪の繁華街・道頓堀の猥雑なエネルギーと無縁ではないように、「実験工房」のスタイリッシュなセンスは東京という都市の性格が現れています。

国内外において「実験工房」の関心が高まっている今日、戦後美術を開拓した若い感性の魅力にふれていただければさいわいです。




 
ヴィトリーヌ/山口勝弘   作品5/福島秀子


ご案内
観覧料 一 般 200円
大高生 150円
小学生・中学生 100円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 月曜日
11月23日(金)は祝日のため午後6時閉館
関 連 同時開催
  江戸の異国趣味−南蘋風大流行−
  中右コレクション肉筆浮世絵展 北斎・広重から夢二・深水まで

  ページトップへ