千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



雪村展
−戦国時代のスーパー・エキセントリック−


会期 2002年1月26日(土)〜3月3日(日)
※本展は終了いたしました。




琴高群仙図
<京都国立博物館蔵>


雪村(せっそん)という画家の名前を聞いて、その絵をすぐにイメージできる人が、どれぐらいいるでしょうか。もちろん、日本美術史の専門家や、古美術に詳しい人なら、いくつかの絵が思い浮かぶでしょう。おぼろげな人物像も、ご存じかもしれません。

では、はっきり言っておきます。この展覧会は、雪村の「せ」の字もご存じない人たちこそ、見てもらいたい。ともかく、400年以上前に、こんな面白い絵を描いて、それがたくさん伝えられているんだから、まず見てみませんかーーーそんな気持ちで、企画しました。もちろん、よくご存じの方にも見てもらいたいのですが・・・。

雪村は、16世紀、京都を遠く離れた東国に住んでいました。生没年すらわかりませんが、1500年ごろに生まれて、茨城、福島を中心に、各地を転々としたようです。世はまさに戦国時代。80余歳まで長生きして、織田信長と同じころに亡くなったと思われます。

同時代の画家に比べて、雪村の絵は驚異的にたくさん残っています。現在、200点近くもあるでしょうか。京都の画家の絵は、その多くが戦乱で焼けてしまいました。雪村は田舎に住んで、名もない人々に与えたものも多かったので、こんなに残ったかもしれません。この展覧会には、そのうち130点ほど集めました。美術館や博物館からお借りした、すでに定評のあるもの。熱心な個人所蔵家からお借りした、未公開のもの。さらに、アメリカの美術館に収蔵されているいくつかの大作も、久々に里帰りします。4会場を巡回する展覧会なので、各会場ごとに、展示の内容も、コンセプトも変わります。どうぞお楽しみに。

風の中に立ちつくす仙人や羅漢の姿には、雪村の生き方が投影されているでしょう。めまいがするような山水の景観には、雪村の頭の中のビジョンが映し込まれているでしょう。 好んで描いた野菜や果物は、きっと食べたに違いない・・・。私はそんなふうに考えていますが、どうぞ、展覧会で絵そのものと対面して、みなさん、勝手にこの画家のことをイメージしてください。面白いと思いますよ。(本展監修者・明治学院大学教授 山下裕二) 。




葛花竹葉に蟹
<群馬県立近代美術館戸方庵井上コレクション >
竹に雀
<個人蔵>


花鳥図屏風
(六曲一双のうち左隻)
<ミネアポリス美術館蔵>
花鳥図屏風
(六曲一双のうち右隻)
<ミネアポリス美術館蔵>


猿候図屏風
(六曲一双のうち左隻)
<メトロポリタン美術館蔵>
猿候図屏風
(六曲一双のうち右隻)
<メトロポリタン美術館蔵>

釈迦・羅漢
(三幅対のうち)
<善慶寺蔵>


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金、土曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 第1月曜日
2月11日(月・祝)は開館、2月12日(火)は休館
協 力 日本航空
企画監修 山下裕二(明治学院大学教授)
企画協力 (株)浅野研究所
関 連 展覧会カタログ

  ページトップへ