千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



ベルギー絵画
−20世紀の巨匠


会期 2000年7月22日(土)〜8月27日(日)
※本展は終了いたしました。



ルネ・マグリッド通り/Marcel BROODTHAERS


ヨーロッパ北西部に位置するベルギーは、小国ながら、古くから交通の要衝として栄えてきました。現在もEU本部が置かれるなど、ヨーロッパの政治・経済において重要な位置を占めています。芸術、文化の面でも、ベルギーの前身であるフランドル時代に、ファン・アイク、ブリューゲル、ルーベンスなどヨーロッパ美術を代表する巨匠たちを生み出しました。

このフランドル絵画の伝統は、1830年に独立したベルギーの美術にも受け継がれます。2つの言語、文化圏に分かれるという状況下、隣国フランスの最先端の美術から多大な影響を受けながらも、ベルギーの画家たちは自らの文化的アイデンティティを問いかけてきました。そして近代以降も、世界的に著名な画家を数多く輩出していきます。19世紀末から20世紀初頭のクノップフとアンソール、シュールレアリスムのマグリットとデルヴォー、コブラ・グループの作家たちなど、近年日本でもお馴染みとなった画家たちの名前を挙げることができます。

この展覧会では、ベルギーの20世紀絵画に焦点をあて、その軌跡を紹介します。前述したお馴染みの画家たちの作品を中心に、これまで日本ではほとんど紹介されていない画家たちの作品も数多く展示されます。




 
街の夜明け
Paul DELVAUX
  精神の自由
Rene MAGRITTE

 
Acrasia
Fernand KHNOPFF
  Britomart
Fernand KHNOPFF

 
写真に反して
Pierre ALECHINSKY 街の夜明け
  空間と光
Jules SCHMALZIGAUG

悪い医者/James ENSOR


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金、土曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 第1月曜日
関 連 同時開催
  所蔵作品展I−寄贈作品展:5月13日(土)−7月30日(日)
  所蔵作品展II−人間風景:8月5日(土)−10月15日(日)
  展覧会カタログ

  ページトップへ