千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



高松次郎
−1970年代の立体を中心に


会期 2000年5月16日(火)-7月16日(日)
※本展は終了いたしました。



複合体 #744


三回忌を迎えての特別展

高松次郎(1936 - 1998)は日本の戦後美術における重要な作家の一人です。
これまで高松の作品について国・公立美術館が開催した個展では、1960年代の「影」や「遠近法」シリーズ、あるい80年代以降の絵画を中心に紹介が行われていました。今回は、これまであまり顧みられることの少なかった70年代の立体作品である「複合体」シリーズを中心に、関連作品やマケット、ドゥローイングなどを含めた約60点によって展覧会を構成します。

「複合体」シリーズは高松次郎の他の作品とは異なり、制作を重ねる過程で作品を支える概念にたびたび問題が起こり、作者はその問題の解決のためにも1970年代全般 にわたって同シリーズと向き合うことになりました。それは、60年代後半からわが国の美術状況のなかで模索されはじめていたあたらしい立体造形に対して、高松がどのようにアプローチしていたかを伝えるものとなっています。

本展は、戦後美術の可能性を切り拓いた、高松次郎という作家のあゆみについて考えるとともに、1970年代以降のわが国における立体造形の動向を検証するものです。
奇しくも、会期中の6月25日は高松の命日に当たり、今年、三回忌を迎えます。




 
複合体 #746   柱と空間 #964

 
柱と空間   RUSTY GROUND "錆びた大地"

複合体 #743


ご案内
観覧料 一 般 800円
大高生 560円
小学生・中学生 240円
開館時間 10:00-18:00(入館は閉館の30分前まで)
金、土曜日は20:00まで(入館は閉館の30分前まで)
休館日 第1月曜日
関 連 同時開催
  所蔵作品展I−寄贈作品展
  展覧会カタログ

  ページトップへ