千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
開催中の展覧会
スケジュール
市民ギャラリー
過去の展覧会
2015年度-
2011-2014年度
2007-2010年度

2003-2006年度

1995-2002年度
所蔵作品
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他



没後60年 北大路魯山人 古典復興 ―現代陶芸をひらく―


会期 2019年7月2日(火)〜8月25日(日)





 京都に生まれた北大路魯山人(1883-1959)は、はじめ書や篆刻の分野で活動していました。1915(大正4)年に初めて作陶を体験し、30代終わりの22年、生来の食に対する関心から「料理の着物」としてのやきものの制作に向かいます。それは単なる食器づくりではありませんでした。彼は中世以来日本文化の核となっていた茶道を基軸とするわが国の伝統に触れ、一挙に陶芸の古典復興を代表する存在となりました。その活動はまさに「『美』を食す人」と形容できるものです。かつて中国大陸や朝鮮半島からもたらされ日本人によって守り伝えられたやきもの、日本で生み出された素朴なやきものからあざやかな色絵まで、長い年月をかけてこの国に積み重ねられたやきもののさまざまな美をすくい上げた魯山人の制作はともすれば生前から好悪さまざまな評価にさらされましたが、絶えず同時代の陶芸家たちを触発しました。彼が生涯にわたって世に送り出したやきものは膨大な点数にのぼります。
 本展覧会では北大路魯山人ゆかりの名料亭として知られる八勝館が所蔵する作品と世田谷美術館の塩田コレクションを中心に、川喜田半泥子(1878-1963)、石黒宗麿(1893-1968)、荒川豊蔵(1894-1985)から八木一夫(1918-1979)にいたる同時代の陶芸家たちの作品に加え、彼らが学んだ中国大陸、朝鮮半島そして日本の古陶磁もあわせて展示し、昭和陶芸の豊穣な成果とその源流から未来を見つめます。              

 ※会期中一部展示替えを行います

主 催 =千葉市美術館/東京新聞  特別協力 =世田谷美術館/八勝館

 
これが、魯山人。これぞ、魯山人。

北大路魯山人《染付葡萄文鉢》 1941(昭和16)年  
世田谷美術館(塩田コレクション)


北大路魯山人《萌葱金襴手鳳凰文煎茶碗》  
1939(昭和14)年 中野邸記念館

 


北大路魯山人《日月椀》 1937(昭和12)年 世田谷美術館(塩田コレクション)



 


北大路魯山人《色絵染付鮑形鉢》 1935-44年(昭和10年代)  世田谷美術館(塩田コレクション)
 

 


北大路魯山人《織部間道文俎鉢》 1953(昭和28)年頃 八勝館蔵
 

 


荒川豊蔵《志野筍絵茶碗 銘「随縁」》
  1961(昭和36)年 荒川豊蔵資料館蔵

 


川喜田半泥子《粉引茶碗 銘「たつた川」》
 1945-54年(昭和20年代) 石水博物館蔵

 


北大路魯山人《横行君子平向》
1957(昭和32)年頃 八勝館蔵


ご案内
観覧料

一般   1200円(960円) (税込)
大学生  700円(560円) (税込)
小・中学生、高校生無料
※( )内は団体30名以上の方の料金
☆ごひいき割引…本展チケット(有料)半券のご提示で、会期中2回目以降の観覧料2割引

※( )前売り、団体20名以上、市内在住65歳以上の方の料金
※前売券は千葉市美術館ミュージアムショップ(6月23日まで)、ローソンチケット(Lコード:33202)、セブンイレブン(セブンチケット)、千葉都市モノレール「千葉みなと駅」「千葉駅」「都賀駅」「千城台駅」の窓口にて7月1日まで販売(7月2日以降は当日券販売)

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

8月5日(月)

関 連

講演会 「私と古陶磁」事前申込制
【講師】十四代今泉今右衛門(陶芸作家、重要無形文化財「色絵磁器」保持者)
7月21日(日) 14:00~(13:30開場予定) /11 階講堂にて
定員150名/聴講無料
申込締切:7月10日(水)必着

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、お申し込みください。
お申し込みはこちらから (申込は7月10日まで)
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【注意事項】
※お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。


講演会 「近代のアウトサイダーたち−川喜田半泥子、北大路魯山人、青山二郎」
【講師】森孝一(美術評論家)
8月3日(土) 14:00~(13:30 開場予定) /11 階講堂にて
先着150名(当日12:00より11階にて整理券配布)/聴請無料



ワークショップ 「魯山人にならう〜金継ぎでアクセサリーづくり〜」事前申込制
【講師】柳澤綾佳(グラフィックデザイナー)
8月4日(日) 13:30より / 11 階講堂にて
定員20名(対象:中学生以上)/参加費1000円(材料代込み)
申込締切:7月24日(水)必着

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、お申し込みください。
お申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【注意事項】
※お申込後すぐに受理メールが送られます。抽選結果につきましては、申込締切日の2〜3日後に当選者の方にのみお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。
※申込多数の場合は抽選。


市民美術講座
「『十三松堂日記』を読むー昭和史のなかの星岡茶寮」
【講師】藁科英也(当館上席学芸員)
7月27日(土) 14:00~(13:30開場予定) /11階講堂にて

「北大路魯山人と古典復興」
【講師】藁科英也(当館上席学芸員)
8月10日(土) 14:00~(13:30開場予定) /11階講堂にて

いずれも先着150名/聴請無料


ギャラリートーク
担当学芸員による 
7月3日(水)  14:00より
ボランティアスタッフによる 会期中の毎週水曜日(6月5日を除く)14:00より
※水曜日以外の平日の14:00にも開催することがあります。
※混雑時には中止する場合があります。

 

「美術館で縁日気分!!」
8月18日(日)13:00〜16:00/1階さや堂ホールにて
毎年恒例! 「千葉の親子三代夏祭り」にあわせて、花輪茶之介さんによる飴細工の実演ほか、かき氷、カプセルキャッチャーなど、さまざまなお楽しみブースを用意します。
大人も子どもも縁日気分をお楽しみください。

 

中学生のためのギャラリークルーズ'19
7月25日(木)、26日(金)/10:00〜15:00随時受付(所要時間30分程度)
子どもだけでの来館と鑑賞を美術館ボランティアスタッフがサポートします。一人でもグループでも参加可。夏休みの宿題(展覧会鑑賞)にも対応できます。
参加希望の方は8階展示室へお越しください。



おしえて!「はてな先生
7月29日(月)〜8月10日(土)*休館日8月5日(月)を除く
10:00〜12:00/8階ロビーにて/対象:高校生以下/参加無料
美術館のボランティアスタッフが、展覧会鑑賞の相談にのります。わからないこと、知りたいこと、話したいことがある人は、8階ロビーで「はてな先生」がお待ちしています。

  point 展覧会カタログ
同時開催

point 所蔵作品展「やっぱり素敵な人だった−勅使河原蒼風、棟方志功の作品を中心に−」

point 豊福亮「パラチバ


  ページトップへ