千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
イベント
教育普及
講座・ワークショップ
美術館ボランティア
学校・大学との連携
Wi-CAN Project
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
教育普及



つくりかけラボ プレ企画「プレラボ」

豊福亮「パラチバ」

会期 2019年7月13日(土)〜 8月25日(日)


パラチバは、様々なもので作られていく街です。住民の人形がいて、プラレールの線路がのび、道路にはおもちゃの車が走って…どんどん成長していきます。

千葉市美術館リニューアルの新施設「つくりかけラボ」のプレ企画として、1階プロジェクトルームにおいて、豊福亮による「パラチバ」プロジェクトを開催します。今回のプロジェクトでは、地域の方々と共に、美術館の中にパラレル・チバタウンを作り出します。道路や線路が伸び、不思議な乗り物がかけめぐる街。お城や夢の家には、どんな人が住んでいるでしょうか。どんどん成長していくパラチバの完成形は、誰にも予想できません。

 チラシ(413KB)

 


「つくりかけラボ」とは?
2020年7月にオープンする美術館内の新スペース!
アーティストによる創造的なプロジェクトごとに空間はがらりと変化し、子どもから大人まで、誰もが気軽に参加できるワークショップも随時開催します。色とりどりのアートを体感し、誰でもクリエイティブに参加できる、いつでも「つくりかけ」の楽しい場所をご期待ください!

 

ご案内
観覧料

開館時間:10:00−18:00 (金・土曜日は20:00まで)
観覧料:無料
会場:1階プロジェクトルーム
主催:千葉市美術館

開館時間 10:00〜18:00
金、土曜日は20:00まで
※入場受付は閉館の30分前まで
休館日

8月5日(月)

関 連


7月13日(土)、7月14日(日)、7月15日(月・祝)
作家滞在時間:各日10:00〜12:00、14:00〜16:00 ※滞在時間は変更する場合があります
本展出品作家の豊福亮による、パラチバ制作の現場をご覧いただけます
(進行状況により、制作にもご参加いただけます)。

 


会期中、「パラチバ」づくりに参加できるオープンワークショップを開催します(事前申込不要)。様々なイメージが展示空間に付け加えられることで、「パラチバ」の風景は、実際の街のように少しずつ変化していきます。

ワークショップ@「パラチバもりあげ隊☆」
日時:7月16日(火)以降、会期中いつでも
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
パラチバに住まわせたいモノやつけ加えたいモノをみんなで持ち寄って、 街をどんどんもり上げていこう。
※危険物やなまものなど、展示素材として相応しくないものはご遠慮ください。お持ちいただいたものは返却できませんので、予めご了承ください。

ワークショップA「あったらいいな設計図」
日時:7月16日(火)以降、会期中いつでも
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
「パラチバにこんな建物やあんなイベントがあったらいいな。」想像を広げながら、設計図を描いてみよう。きみの設計図が誰かの手によって現実になるかも!?

設計図イメージ  

ワークショップB「つくるのはおまかせあれ!」
7月21日(日)、7月28日(日)、8月10日(土)、8月11日(日)
開催時間:10:30〜15:00(受付は14:00まで)
対象:子どもから大人まで
参加費:無料
誰かが描いた設計図からアイデアを受け取り、地域から集められた様々な素材(木片、古布、人形、etc…)を使って、パラチバの街にすてきな建物や面白いイベントをつくり出そう!
※素材として使いたいものがあればお持ちください。

 


7月15日(月・祝)、8月24日(土)
各日14:00〜
「パラチバ」の風景がどのように始まり、変化してきたか、出品作家の豊福亮がお話します。

 

高校生プログラム 先着順・事前申込制
美術館活動とアーティストの制作の現場に触れ、アートへの興味・関心を深めてもらうためのプログラムです。
豊福亮による来場者参加型展示プロジェクト「パラチバ」公開制作にあたり、制作スタッフとして関わってみたい方を募集します。
チラシ(655KB)

【申込方法】
注意事項を必ずご確認の上、お申し込みください。
お申し込みはこちらから
※迷惑メールなどの受信を制限する設定をされている方は、ご応募の前に @ccma-net.jp ドメインのメールを受信できるよう、ご設定ください。

【注意事項】
※お申込後すぐに受理メールが送られます。受付結果につきましては、申込締切日の2〜3日後にお知らせいたしますので、予めご了承ください。
申込受理メールがすぐに届かない場合、迷惑メールのフォルダに振り分けられている場合がございますので、ご確認ください。その上で届いていない場合は、お手数ですがご連絡ください。


 


「パラチバ」の素材となるものを千葉の街の皆さんから集めます。
皆さんからいただいた素材は、アーティストやワークショップ参加者によって街の一部に作り変えられます! ワークショップに参加できなくても、街づくりに参加したいという皆さまは、ぜひ。

【募集概要】
使わなくなったプラレール、人形、菓子箱、紙類、布類、木片、コルク栓、ピンポン球、モール、リボン、紐など、工作の材料となるものを募集します。布や容器などはきれいに洗って乾かした状態でお持ちください。危険物、なまもの、液体、作業の妨げになる汚れや臭いのあるものなど、工作・展示素材として相応しくないものはご遠慮ください。

【募集方法】
美術館10階事務室までお持ち下さい。原則として、ご自身でお持ち込みいただける場合に限らせていただきます。受付時間は10:00〜18:00

締め切り: 8月24日(土)

※ご提供いただいた素材は返却できません。「パラチバ」作りのためだけに使わせていただき、会期終了後はこちらで処分いたします。
※制作の進行上、いただいた素材全てを活用できない可能性もありますが、あらかじめご了承ください。

 

サポーター募集
ワークショップのサポートをしてくださる方を募集します。詳細はこちら

 

 

そのほか詳細は随時更新していきます。お楽しみに!

千葉市美術館 学芸課 教育普及担当
TEL:043-221-2311
FAX:043-221-2316


  ページトップへ