千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
イベント
教育普及
講座・ワークショップ
美術館ボランティア
学校・大学との連携
Wi-CAN Project
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
教育普及



千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN)


 WiCANは、千葉大学教育学部芸術学研究室と千葉大学の学部横断型授業「文化をつくるA・B」「展示をつくるB」の受講生、千葉市美術館、学校、アーティスト、まちづくりNPOなどがネットワークを形成し取り組んでいる活動です。2003年に発足したこのプロジェクトは、大学の授業であると同時に、千葉市美術館のアウトリーチプログラムでもあります。
 これまで私たちは、千葉市内の各所で活動を展開し、現代を生きる様々な人々に共有可能なアートの価値を探求し続けてきました。必ずしもアートを専門としないメンバーたちが、アートの視点を学び、また市民の方々と協働しながら、アートの社会的意味を社会に問い、発信していくことに取り組んでいます。





WiCAN 2016
"日常の感度を問う”〜千葉を撮ってみえたもの〜
杉田協士+WiCAN2016 ワークショップ&上映会


千葉アートネットワーク・プロジェクト(WiCAN) は、千葉大学芸術学研究室と千葉市美術館が核となり、社会におけるアートの可能性について探求するネットワーク組織です。WiCAN2016 では、映画監督の杉田協士さんと共にプロジェクトに取り組んできました。私たちが周りの環境と関わる上で大切な“日常の感度” をテーマとし、千葉の日常を映像撮影を通して見つめようとするものです。
今回のイベントではプロジェクトの成果映像を上映いたします。映像を撮影することで何が見えたのか、自分と千葉との関係がどう変化したのか、トークも交えご紹介できたらと考えています。また、本プロジェクトの中でWiCAN メンバーたちに最も強い印象を与えた映像撮影のワークショップをみなさんと行いたいとも考えています。
また、カフェ屋台でコーヒーも提供し、交流の場も設ける予定です。ぜひお出でください。

□日時  2017年2月18日(土) 13:00〜17:00
□会場  千葉市美術館11階 講堂
□参加料  無料(事前申込不要)

タイムテーブル
■12:30 開場・カフェタイム(協力: 豆NAKANO)
■13:00 〜 ごあいさつ、プロジェクトについて
■13:20 〜 映像ワークショップ 杉田協士+WiCAN+ みなさん
(休憩)
■15:30 〜 17 : 00 WiCAN2016 プロジェクト映像上映会&トーク
杉田協士+WiCAN
問い合わせ先  〒263-8522 千葉市稲毛区弥生町1-33 千葉大学教育学部芸術学研究室内
TEL:080-3705-5312 MAIL:mail@wican.org





>>WiCANプロジェクトのホームページはこちら



  ページトップへ