千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



柳原 義達 やなぎはら よしたつ
黒人の女
ブロンズ/ 64.0×22.5×18.0cm / 1956年


 

柳原義達(1910-2004)は、神戸市生まれ。はじめ日本画を学び、福田平八郎に批評を請うていたが、ロダンやブールデルの作品図版に接することで彫刻を志す。1931年同舟舎でデッサンを学んだ後、東京美術学校彫刻科入学。翌年第13回帝展に入選。36年東京美術学校を卒業し、翌年国画会同人となるが、39年には本郷新らと同会を脱退。新制作派協会に合流し彫刻部創立に参加。46年火災によってそれまでの作品の大部分を失う。53年渡仏し、グランド・ショミエールでエマニュウエル・オリコストに師事。57年帰国。翌年神奈川県立近代美術館での辻晉堂との二人展。同年第1回高村光太郎賞受賞。74年中原悌二郎賞受賞。83年神奈川県立近代美術館ほかで個展。93年東京国立近代美術館ほかで個展。94年第35回毎日芸術賞受賞。

1951年、すでに中堅の彫刻家として知られていた柳原義達は、東京で開催されたサロン・ド・メによって第2次大戦以降のフランス彫刻を知り、パリで学び直すことを決意する。戦前より高村光太郎、清水多嘉志に私淑していた柳原は渡仏後、ブールデルの愛弟子だったオリコストから作品の内側になければならない構成や構造が彫刻の写実性を支えていることを改めて学んだ。この留学中に制作された「黒人の女」はモデルとなった黒人女性の肢体が持つみずみずしさだけではなく対象から離れた一箇の強靱な「もの」としての個性を併せ持っており、柳原が自らに課した「彫刻の再定義」の出発点となっている。それは同時に、明治以降の我が国に於けるロダニスムに再検討を迫ることでもあった。



  ページトップへ