千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



歌川 国芳 うたがわ くによし
相馬の古内裏 そうまのふるだいり

大判錦絵3枚続 / 右37.1×25.5cm 中37.3×25.2cm 左37.2×24.1cm/天保(1830-44)後期






歌川国芳(1797-1861)は、幕末期、国貞(三代豊国)、広重と実力・人気を三分した浮世絵師である。「武者絵の国芳」と呼ばれるほど武者絵を一新したが、そのほか狂画・戯画もよくし、天保期の風景画や、弘化・嘉永期の美人画も高く評価される。発想が豊かで次々に新機軸を打ち出し、幕末浮世絵会の活力源ともなっている。

本図は、山東京伝による読本『忠義伝』に取材した作品で、源頼信の家老大宅光国と平将門の遺児で妖術を操る滝夜叉姫との対決の場面である。活劇を見るような動きのあるシーンの描写と大胆な構図に国芳らしさのよく表れた人気の作品である。

解剖学的にもかなり正確であるとの指摘もある生々しい骸骨が御簾を破って大きく半身を乗り出す。読本の中では数百の骸骨が戦闘を繰り広げることになっているのを、あえて大きな骸骨の出現に代表させて鑑賞者の意表をついているのである。三枚続は、一図ずつでも構図が独立するように作画するのが通常であるが、その慣例をまったく意にとめない大胆さは国芳ならではといえるであろう。画面の全体を大きく用いた構図は、斬新であり迫力に満ちている。同様の三枚にわたって題材を大きく扱う構図法を取る作品では、「讃岐院眷属をして為朝をすくふ図」「宮本武蔵と巨鯨」「鬼若丸と大緋鯉」が本図と共に国芳の代表作として挙げられる。



  ページトップへ