千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



東洲斎 写楽 とうしゅうさい しゃらく
三代目大谷鬼次の江戸兵衛
大判錦絵 / 35.4x24.0cm/寛政6年(1794)





寛政6年(1794)5月の河原崎座『恋女房染分手綱』に取材した作品で、四条河原において、鷲塚八平次に頼まれ、加担して一平を襲い金子を奪う役を描いている。これは一平を威嚇するシーンと思われるが、突き出してねめつける魁偉な容貌と、懐から出して胸前に広げた両手の印象が強烈。書き損ねたとしか思えぬ手が驚異的なエネルギーを放っている。

この図の役は従来「奴江戸兵衛」とされてきた。この場合の奴とは武家の奴僕(ぬぼく)の意であるから、八平次の家来という扱いだったのである。しかし、番付類には「江戸兵衛」とあるのみで、「奴」はついていない。実際、江戸兵衛は非人(乞食であり盗賊でもある)の頭で、八平次に臨時に頼まれて一平を襲うのであるから「奴」ではない。



  ページトップへ