千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



跡見 泰 あとみ ゆたか
蛸壺
油彩、カンヴァス /86.0×109.0cm / 昭和26年(1951)




跡見泰(1884-1953)は、東京に生まれる。明治36年東京美術学校西洋画科選科卒業。在学中は黒田清輝に師事。39年白馬会会員となる。40年第1回文展に出品し三等賞受賞。45年白馬会解散に伴い中沢弘光、三宅克己らと光風会を創立し、終生所属する。戦前は同会を中心として、文展、帝展(大正13年第5回より)、新文展(昭和12年第1回より)に作品を発表。大正11年(1922)渡仏(13年帰国)し、翌年サロン・ナショナルおよびサロン・ドートンヌに出品。昭和2年(1927)明治神宮絵画館の壁画を完成納入。7年帝展無鑑査となる。21年第1回日展に出品。日展への出品は23年の第4回より依嘱。28年没。白馬会的なアカデミズムと印象派による折衷表現を守り、温雅な画風で知られる。

本図は、外房・鵜原を描き、戦後しばらく経ったのどかな漁村の様子が描かれている。陽光の下に広がる鵜原の情趣に富む自然の色彩は、彼にとって師・黒田清輝から学んだ外光表現に適していた。言い換えれば、彼らが油彩で日本の風景を描く際に足かせとなっていた湿潤さがこの土地では希薄だったことによって本作品が成立した。この特徴は跡見の作品に限らず、この地を題材とした他の作家の作品にも見出され、風土と油彩の関わりの上で注意すべき点だろう。跡見には他にも同じ鵜原を描いた「房総の海岸」があったが、こちらは切断されて現在その一部が「漁港」として伝えられている。

第37回光風会展(1951年)出品

 


  ページトップへ