千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



板倉鼎 いたくら かなえ
椅子に寄る女
エッチング、紙 /20.3×15.0cm / 大正11年(1922)


 


板倉鼎(1901-29)は、千葉県松戸市に生まれる。大正2年(1913)千葉市にある千葉中学校に進学、そこで図画の教師であった堀江正章に教えを受ける。大正8年東京美術学校西洋画科へ入学し、岡田三郎助と田辺至に師事。在校中の大正10年、第3回帝展に「静物」が初入選、翌10年の第4回帝展にも「木影」が入選した。卒業後の大正15年、妻と共にフランスに留学。ビッシェルに師事し、強固な実在感を持つ構築された画面の人物画・静物を発表するが、夭折した。代表作に「画家の像」(松戸市教育委員会蔵)などがある。

千葉市美術館は、鼎の遺族が保管していた銅版画19点、木版画2点を所蔵している。いずれも大正10〜13年頃の東京美術学校時代の作品であり、師の田辺至に手ほどきを受けたことはほぼ疑いない。鼎の銅版画は、風景と人物に分けられる。風景画は田辺の影響が明らかであるが、人物画は必ずしもそれが顕著ではない。本図は、鼎の友人である白井ちせをモデルにしたもので、珍しく制作年月が刻されており、習作の域を超えたしみじみとした味わいを持っている。



  ページトップへ