千葉市美術館
サイトマップホーム

展覧会情報
所蔵作品
房総ゆかりの作品
近世・近代の
  日本絵画・版画
現代美術
イベント
教育普及
ご利用案内
施設案内
出版物
その他
コレクション



椿貞雄
春夏秋冬極楽図
紙本墨画淡彩一面 / 66.0×161.0cm /昭和11年(1936)





椿貞雄(1896ー1957)は、明治29年、山形県に生まれる。早逝した長兄の感化によって画家を志す。大正4年(1915)、正則中学に入学するも翌年退学し、岸田劉生に師事。同年、草土社の結成に参加。制作は劉生、思想的には武者小路実篤、長與善郎らの感化を受ける。印象派以降の技法によって北方ルネサンスの写実を目指すことから制作は始まり、10年ころより劉生の東洋的表現の転換に従う。11年春陽会結成に参加。昭和2年(1927)第1回大調和美術展参加のため春陽会を脱退。同年より船橋に住む。4年、大調和会の解散に伴い、国画会会員となる。同年、劉生の死によって制作を一時中断するまで虚脱感に追い込まれるが、その後も油彩画による日本的表現を模索。24年千葉県美術協会結成に尽力。同会常任委員となる。32年没。晩年には日本画の制作にも意欲的に取り組んだ。

本図は椿貞雄の文人画である。彼は師の劉生が大正9年あたりから自己の内面に「東洋的なるもの」を発見し、初期肉筆浮世絵や文人画の世界を画業に取り込む過程に立ち合い、同じ軌跡をたどった。

画面向かって右から、春・夏・秋・冬、四季折々の少女たちの遊びが描かれている。彼女たちの表情やスタイルは劉生が愛娘麗子を文人画で描いた表現を継承し、昭和4年に亡くなった師の影響を色濃く遺す。しかし劉生が描いた同傾向の文人画には生硬な画面構成が多いが、本作品で椿は少女たちを風景の中にとけこませることで情緒ある空間を展開している。彼が独自の東洋的表現を確立し、劉生の影響を画面から後退させるのは戦後のことである。



  ページトップへ